海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
10日間

【美の旅】ケルト美術の不思議を訪ねて

こだわり アイルランドの聖地を行く

出発地 成田空港 または羽田空港
目的地 アイルランド
設定期間 2017年06月07日~2017年09月27日
ツアーコード S2-7792-170000
基本代金 ¥488,000~¥488,000(2人1室)

朝日旅行のこだわり

ツアーポイント
◆装飾写本に見られる華麗で繊細なケルトの文様、ハイクロスと呼ばれるケルトの十字架、円形の高塔ラウンドタワー、無数の人面像、渦巻きや組み紐など限りなく謎めいたケルト美術の世界を訪ねます。
◆聖パトリックや聖コロンバなどゆかりの地を訪ね、初期キリスト教の足跡を辿り、中世ケルト教会を訪ねます。
◆「アランの男」で知られる修道士たちの故郷とも言うべきアラ ン島のイニシュモア島へ船で渡り、見学します。
◆アデアなど美しい村も訪ねます。

【初期キリスト教文化を支えたアイルランド修道院】
聖パトリックによってアイルランドに伝えられたキリスト教は、聖コ ロンバによってスコットランドなどケルト人地域に広がり、5世紀~7世紀、各地に多くのケルト系修道院が建てられました。彼らはヨーロッパ大陸に渡り、逼塞していたキリスト教を支え続けました。聖ブイスのモナスターボイス、聖ケヴィンのグレンダロッホ、聖キーランのクロンマクノイズ修道院などを訪ねます。

【ケルト美術の謎を訪ねます】
紀元前3千年のプレ・ケルトのニューグレンジの渦巻きに始まり、島のケルトの移動の時代から初期キリスト教時代、そして中世にいたる象徴的文様芸術を訪ねます。「ケルズの書」と「ダロウの書」はリンデスファーンと並びケルト三大装飾写本といわれます。中でも「ケルズの書」は7世紀に完成し、その繊細で華麗な装飾は写本の白眉であると同時に謎めいた不思議さを秘めてい ます。ハイクロスと呼ばれるケルトの十字架にも象徴的文様などケルトの意匠が施されています。

【ケルト意匠が印象的なアイリッシュ・ロマネスクの代表】
クロンファート大聖堂とコーマック礼拝堂
現存するアイルランドの聖堂の中で最もケルトの世界観が表現された中世ロマネスク聖堂です。クロンファート大聖堂の正面扉口や持ち送りに夥しい数の人頭人面像が施されています。ロック・オブ・カッシェルのコーマック礼拝堂やダイサート・オデアの聖トラ旧修道院にも同様の人面像が見られますが、ケルト独特の意匠です。一体何を意味するのでしょうか。

【アイルランドの風景や村を訪ねる】
アイルランドには文化だけではなく、独特の風景や自然そして美 しい村があります。草の色だけでも様々な色が溶け合い、独特の特有の彩を放っています。また、アデアは「美しい村」としてよく知られています。

  • ロック・オヴ・カシェル

    (c)Wikimedia Commons

  • 「ケルズの書」

    ダブリン トリニティーカレッジ

ご案内

◆国内線航空券手配追加代金(片道):名古屋・大阪無料、札幌・福岡18,000円(但し当社指定便による。また、繁忙期は除きます。)※ご旅行お申し込み時と同時に、遅くともご出発の40日前までにお申し出ください。満席等の理由によりお席が確保できない場合もございます。ご回答は出発の30日前前後となります。予め御了承ください。
◆重い荷物を持たずに「らくらく集合」 スーツケース往復宅配サービス(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 成田(10:30予定)⇒アムステルダム⇒ダブリン(17:40)
午前: KLM オランダ航空(予定)にてアムステルダム乗り継ぎ、ダブリンへ。
夕刻:着後、ホテルへ。
〔ダブリン泊〕 3連泊!!!お食事は機内食となります。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
2日目 ダブリン滞在
終日:世界で最も美しい装飾写本といわれる「ケルズの書」や最古のケルト写本「ダロウの書」などのオリジナルを収めるトリニティ・カレッジ◎、アーダーの聖杯、タラのブローチなどケルトの至宝を収める国立博物館◎、カラヴァッジョやフェルメールなどの名画コレクションを収める国立美術館◎などダブリン市内見学。
〔ダブリン泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
3日目 ダブリン→(5㎞)モナスターボイス→(17㎞)ニューグレンジ→(34㎞)ケルズ→(28㎞)タラ→(43㎞)ダブリン
午前:10 世紀の名高い「ムルダクの十字架」のあるモナスターボイス修道院◎を見学後、プレ・ケルトの貴重な遺構ニューグレンジ◎を見学。
午後:「 ケルズの書」のケルズを訪ね、聖コロンバの家(礼拝堂)◎など見学後、アイルランドの心の故郷・聖地タラの丘遺跡●を訪ね、ダブリンへ。
〔ダブリン泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
4日目 ダブリン→(50㎞)グレンダロッホ→(160㎞)カッシェル
終日:ダブリンにてクライストチャーチ大聖堂◎聖パトリック大聖堂◎を見学後、6世紀、聖ケヴィンによって開かれたグレンダロッホ◎へ。見学後、キルケニージャーポイントを通り、カッシェルへ。
〔カッシェル泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
5日目 カッシェル→(73㎞)アデア→(20㎞)リムリック
午前:アイルランド南部ミュンスター王国の都で、聖パトリック伝道の地ロック・オブ・カッシェルを訪ねます。聖パトリックのハイクロス●や中世ケルトの意匠が散りばめられた彫刻群が残る12 世紀アイリッシュ・ロマネスクのコーマック礼拝堂◎(注1)を見学。

午後:「アイルランドの美しい村」アデアの村、リムリックからエニスのダイサート・オデアの聖トラ旧修道院◎を訪ね、「聖トラの十字架」などを見学します。
〔リムリック泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
6日目 リムリック→(80㎞)モハーの断崖→(80㎞)ゴルウェイ
午前:モハーの断崖を訪ね、「巨人のテーブル」といわれるドルメンなどが残るバレン高原を通り、ゴルウェイへ。
午後:ゴルウェイ大聖堂◎聖ニコラス聖堂◎などゴルウェイを見学します。
〔ゴルウェイ泊〕 2連泊!!
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
7日目 ゴルウェイ→(40㎞)ロッサヴィール~アラン島~ロッサヴィール→ゴルウェイ
終日:アラン島のイニシュモア島◎へ船で渡ります。古代ケルト人が築いたといわれる環状の石の砦ダン・エンガス◎聖キーラン修道院●7つの教会●などを見学後、ゴルウェイへ戻ります
〔ゴルウェイ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
8日目 ゴルウェイ→(78㎞)クロンファート→(31㎞)クロンマックノイズ→(46㎞)ダロウ→(95㎞)ダブリン
終日:アイルランドに残る最もケルト的なクロンファート聖ブレンダン大聖堂◎クロンマックノイズ修道院◎を訪ね、シャノン川畔のアスロンを経て、6世紀半ば、聖コロンバによって開かれ、「ダロウの書」で名高いダロウ聖コロンバ修道院と教会◎を訪ねます。教会内に収められているアイルランド屈指の9世紀のハイクロスなどを見学します。
〔ダブリン泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
9日目 ダブリン(08:50予定)⇒アムステルダム⇒
午前 :KLM オランダ航空(予定)にてアムステルダム乗り継ぎ、帰国の途へ。
〔機内泊〕夕食は機内食となります。
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
10日目 ⇒(08:40予定)成田
午前:空港到着後、解散。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×

お知らせ

注1:コーマック礼拝堂は、現在修復工事中となっており、足場や覆いが架かっている場合があります。
※航空機発着時刻は、11月15日現在のKLMオランダ航空のスケジュールを基本としています。航空会社のスケジュール変更などにより、発着時刻や経由地が変更になる場合があります。また、羽田発着となることもございます。
※各美術館の絵画が予告なしに修復や貸出しになることがあります。又、館内ガイドが禁止されている美術館では自由鑑賞となります。予めご了承ください。
※大聖堂や教会が宗教行事や修復のため閉まることがあります。
※◎表記の見学地は入場観光、●は下車観光でのご案内となります。

日数 8泊10日 食事条件 朝:8回 昼:7回 夕:5回
最少催行人数 8名様 延泊 ご延泊などの別手配も承ります。
添乗員 あり
成田または羽田発着で同行します。
利用航空会社 KLMオランダ航空、エールフランス航空、フィンランド航空、ブリティッシュエアウェイズ
  • 「ムルダクのハイクロス」

    モナスターボイス修道院 (c)Wikimedia Commons

  • クロンファート大聖堂

    (c)Wikimedia Commons

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況
出発日2017年09月27日(水) 帰着日2017年10月06日(金) 旅行代金【2人1室  488,000円】 状況催行決定
旅行代金・その他に関するご案内
燃油サーチャージは旅行代金に含まれています。旅行契約成立後に燃油サーチャージが増または減額、廃止されても増額分の追徴ならびに廃止を含む減額分の払い戻しはありません。
羽田・成田空港施設使用料・旅客保安サービス料および現地空港諸税(日本円目安額8,700円)が別途必要になります。(16年11月15日現在) ※但し、今後の為替変動などにより、増または減となる場合があります。予めご了承ください。
◆子供代金(2才以上12歳未満):大人と同一
一人部屋追加代金:115,000円 
※相部屋ご希望の場合でも、お一人部屋代金を一旦申し受けます。最終的に同性の相部屋ご希望の方がなく、お一人部屋利用となった場合、お一人部屋追加代金を申し受けます。同室になった場合に限り、お一人部屋追加代金をご返金致します。
◆往復ビジネスクラス利用追加代金(成田~アムステルダム KLMオランダ航空利用):340,000円
◆往復プレミアムエコノミー利用追加代金(成田~アムステルダム KLMオランダ航空利用):180,000円
◆現地より参加の場合の旅行代金(ダブリンのホテル合流/離団)370,000円
お申込期限
★渡航情報(危険情報):発出されておりません。(2016年11月15日現在)
★査証関連情報は外務省海外安全ホームページの安全対策基礎データでもご参照いただけます。
★旅券残存有効期間:アイルランド出国時3ヶ月以上。
★日本国籍の方は査証不要

旅行条件についてはこちらの旅行条件書をご確認の上、印刷又はファイル保存して下さい。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<S2-7792-170000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661