海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
8日間

ベルギー二都に絵画の至宝を訪ねて

こだわり ブリューゲル没後450 周年特別展とルネ・マグリットをめぐる

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 成田空港
目的地 ベルギー
設定期間 2019年11月18日~2020年01月27日
ツアーコード S2-7773-190000
基本代金 ¥398,000~¥428,000(2人1室)

◆ブリュッセルとアントワープに各3連泊して、美術館をめぐります。
◆ブリューゲル没後450周年を記念して各地で開催される企画 展を見学します。
◆ブリュッセルのベルギー王立美術館を美術館公認解説者の森 耕治さんの案内で、じっくり鑑賞します。(注2)
◆シュルレアリスムを代表する画家、ルネ・マグリットの美術館 や画家自身も通ったカフェを訪れ、その独特の世界観を体感します。

ベルギーの幻想絵画 世紀末芸術のルネ・マグリット
ルネ・マグリットはブリュッセルに長く暮らしたシュルレアリストを 代表する画家です。独特で幻想的な世界を作り出す彼の作風は、一度見たら忘れられない強い印象を私達に与えます。2009年にブリュッセルの王立美術館分館としてオープンしたルネ・マグリット美術館には、「光の帝国」をはじめとした200点ものコレクションが収められており、画家の人生、時代の流れ、作品の移り変わりを知ることができます。2019年に開館10周年を迎える同美術館では、それを記念して、アメリカ、フロリダ州のダリ美術館との協力のもと、特別展『ダリとマグリット』が開催されます。シュルレリスムの二大巨匠の競演が見られる、大変貴重な機会と なることでしょう。また、ブリュッセル北西のジェット地区には、1930年から1954年までマグリット夫妻が暮らした家があり、現在はルネ・マグリットの家ミュージアムとして一般公開されています。マグリットの作品のモチーフとして登場する、暖炉、窓、ドアなどもここに見ることができ、アトリエやインテリアが当時のまま保存されています。

ブリューゲル没後450 周年記念特別展を見学
2019年は16世紀フランドル美術の最大の巨匠、ピーテル・ブリューゲル(父)の没後450年にあたります。それを記念して、フランダース地方でも様々な特別展が予定されています。
アントワープでは、マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館にて「フーケからブリューゲルへ」展(2019年10月5日~2020年12月31日)が開催されます。同美術館はブリューゲルの「狂女フリート」と「12の諺」といった代表作のほか、版画を約30点所蔵しています。今回の特別展では、ブリューゲル記念年に向けて長らく修復が行われていた「狂女フリート」と、アントワープ王立美術館所蔵のジャン・フーケ作「聖母子」という女性をテーマにした2つの名画が合わせて展示され、その絵の魅力などが語られます。同じくアントワープのスナイデルス&ロコックス邸では、ピーテル・ブリューゲル(父)の次男「ヤン・ブリューゲル(父)の素描画」展(2019年10月5日~2020年1月26日)が開催されます。本展では、イタリア時代の思い出、川と村の景色、道と旅人、森、海、海辺の風景という6つのテーマに沿って、ヤンが描いた素描画約50点と油彩画数点が展示される予定です。
ブリュッセルでは、18世紀の美しい宮殿シャルル・ド・ロレーヌ宮にて、「白黒のブリューゲルの世界」展(2019年10月15日~2020年2月16日)が開催されます。ベルギー王立図書館所蔵のブリューゲルの版画作品を、ブリューゲルが生きていた時代のように、額に入れて飾るのではなく壁に立てかけたり、机に置いた状態で楽しむよう展示方法も工夫される予定です。

ベルギー王立美術館
古典美術館と世紀末美術館、ルネ・マグリット美術館、現代美術 館など6つの美術館を合わせて“王立美術館”と総称します。 中心となる古典美術館では特にフランドルの絵画を中心に15世紀から18世紀までの作品を展示しており、ファン・デル・ウェイデ ン、メムリンク、ロベルト・カンピン、ルーベンス、ブリューゲル、などの傑作が見られます。世紀末美術館は2013年に開館した美 術館で、ベルギー芸術が花開いた19世紀末から20世紀初頭の作品を集めて展示されており、アンソール、クノップフなどのほか、アールヌーヴォーや印象派の作品も見られます。

公認解説者 森耕治さん の案内で見学します!
ブリュッセルのベルギー王立美術館、世紀末美術館、ルネ・マグリット美術館では、ベルギー王立美術館よりヨーロッパの国立美術館で初の日本人公認解説者に任命された美術史家・森耕治さんの解説で見学します。(注2)
●森耕治さんのプロフィール
京都出身。美術史家。マグリット美術館が併設されているベルギー王立美術館の公認解説者。ベルギー、ポール・デルボー美術館の公認解説者。京都嵯峨芸術大学客員教授。美術愛好団体「絵画の会」の常任講師。

  • ブリューゲル「狂女フリート」マイヤー・ファン・デン・ベルク美術館

    (c)Wikimedia Commons

  • ルネ・マグリット美術館

    (c)Wikimedia Commons

ご案内

国内航空券手配料金:名古屋・大阪・札幌・福岡⇔東京間、札幌・福岡⇔大阪間 無料!! (但し当社指定便による。また、繁忙期は除きます。)※ご旅行お申し込み時と同時にお申し出ください。満席等の理由によりお席が確保できない場合もございます。ご回答は出発の30日前前後となります。予め御了承ください。
◆重い荷物を持たずに「らくらく集合&らくらく解散」 スーツケース往復宅配サービス(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 成田(11:25予定)⇒(15:30予定)アムステルダム→ブリュッセル
午前:KLM オランダ航空直行便にてアムステルダムへ。
午後:到着後、専用車にてアントワープへ。
【アントワープ泊】 3連泊!! お食事は機内食となります。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
2日目 アントワープ滞在
終日:専用車にてアントワープ市内観光へ。聖母大聖堂◎にてルーベンスの大作「キリスト昇架」「キリスト降架」「聖母被昇天」を鑑賞し、ルーベンスの家◎を見学します。
その後、ルーベンス、ヴァンダイクなどのコレクションがあるスナイデルス・ロコックス邸◎へ。11月発・12月発では「ヤン・ブリューゲル(父)の素描画」展を見学します。
【アントワープ泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
3日目 アントワープ滞在 ※徒歩と公共交通機関でめぐります
午前:マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館◎へ。『狂女フリート』『12 の諺』などのピーテル・ブリューゲルの傑作を見学します。また、「フーケからブリューゲルへ」展も見学します。
午後 自由行動。
【アントワープ泊】
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
4日目 アントワープ(約45km / 1時間)→ブリュッセル
午前:専用車にてブリュッセルへ。マグリットが24 年間住んだルネ・マグリットの家ミュージアム◎を見学します。
昼食:マグリットが通ったカフェ「ラ・フルール・アン・パピエ・ドレ」にて。(注1)
午後:シャルル・ド・ロレーヌ宮◎へ。「白黒のブリューゲルの世界」展を見学します。
夕食:ムール貝をお召し上がりください。(注1)
【ブリュッセル泊】 3連泊!!
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
5日目 ブリュッセル滞在 ※徒歩と公共交通機関でめぐります
終日:森耕治さんの案内でベルギー王立美術館(古典美術館)◎と、世紀末美術館◎を見学します。(注2)
【ブリュッセル泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
6日目 ブリュッセル滞在 ※徒歩と公共交通機関でめぐります
午前:森耕治さんの案内で、ベルギー王立美術館別館、ルネ・マグリット美術館◎を見学します。特別展「ダリとマグリット」もご見学いただきます。(注2)
午後:自由行動。
【ブリュッセル泊】 お夕食は機内食となります。
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
7日目 ブリュッセル→アムステルダム(14:35予定)⇒
午前:専用車にてアムステルダムの空港へ。
午後:KLM オランダ航空直行便にてアムステルダム乗り継ぎ、帰国の途へ。
【機内泊】 お夕食は機内食となります。
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
8日目 (09:45予定)成田
午前:空港到着後、解散。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×

お知らせ

(注1)レストランの都合により、他の同等クラスのレストランになる場合があります。
(注2)本人の急病等やむを得ない事情で他のガイドによる案内になることがあります。
※航空機発着時刻は、6 月1 日現在のKLM オランダ航空のスケジュールを基本としています。
※大聖堂や教会が宗教行事や修復のため予告なく閉まることがあります。
※絵画作品を除き特に明記されていない写真は全てWIKIMEDIA COMMONS 提供です。
※◎ 表記の見学地は入場観光、● は下車観光でのご案内となります。
自由食時は、ご希望の方は添乗員がご案内します。(実費お客様ご負担にて/緊急対応時等はご容赦ください。)

日数 6泊8日 食事条件 朝:6回 昼:3回 夕:2回
機内食は含みません。
最少催行人数 8名様
定員18人
延泊 ご延泊の手配も承ります。
添乗員 あり
添乗員が成田発着で同行します。
利用航空会社 KLMオランダ航空
  • ルネ・マグリットの家ミュージアム

    (c)Wikimedia Commons

  • ルーベンス「キリスト降架」聖母大聖堂(アントワープ)

    (c)Wikimedia Commons

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2019年12月16日(月) 帰着日2019年12月23日(月) 旅行代金【2人1室  428,000円】 状況受付中 予約予約
出発日2020年01月27日(月) 帰着日2020年02月03日(月) 旅行代金【2人1室  398,000円】 状況催行決定 予約予約
旅行代金・その他に関するご案内
燃油サーチャージ21,600円は旅行代金に含まれています。旅行契約成立後に燃油サーチャージが増または減額、廃止されても増額分の追徴ならびに廃止を含む減額分の払い戻しはありません。
成田空港施設使用料・旅客保安サービス料および現地空港諸税・国際観光客税(日本円目安額6,800~7,200円)が別途必要になります。(19年6月1日現在) ※但し、今後の為替変動などにより、増または減となる場合があります。予めご了承ください。
一人部屋追加代金 94,000円(ダブルのみ)
※相部屋ご希望の場合でも、お一人部屋代金を一旦申し受けます。最終的に同性の相部屋ご希望の方がおらず、お一人部屋利用となった場合、お一人部屋追加代金を申し受けます。同室になった場合に限り、お一人部屋追加代金をご返金致します。
◆子供料金(2才以上12歳未満):大人と同一
往復ビジネスクラス利用追加代金(KLMオランダ航空利用/成田~アムステルダム間)380,000円
◆現地より参加の場合の旅行代金(アントワープ・ホテル合流/ブリュッセル・ホテル離団) 320,000円
お申込期限
★渡航情報(危険情報):現在、発出されておりません。(2019年6月1日現在)
★日本国籍の方は査証不要
★パスポート残存 ベルギー出国時3ヶ月以上必要(シェンゲン加盟国)。
★査証関連情報は外務省海外安全ホームページの安全対策基礎データでもご参照いただけます。

旅行条件についてはこちらの旅行条件書をご確認の上、印刷又はファイル保存して下さい。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<S2-7773-190000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661