海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
10日間

<11/5発催行決定>
【美の旅】スペイン・ポルトガル美術紀行

こだわり リスボン・トレド・マドリードの美術館を探訪

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 羽田 または成田空港
目的地 スペイン
設定期間 2018年05月21日~2019年03月04日
ツアーコード S2-7752-180000
基本代金 ¥478,000~¥598,000(2人1室)

朝日旅行のこだわり

ツアーポイント
◆リスボン グルベンキアン美術館国立古美術館、国立アズレージョ美術館などを見学します。
◆トレド エル・グレコが後半生を過ごした古都トレドに2連泊します。グレコの作品群や大聖堂などの見どころをじっくりと見学します。
◆エル・エスコリアル フェリペ2世が16世紀後半に造営した巨大な修道院には、多くの芸術品が置かれています。
◆マドリード プラドティッセン・ボルネミッサソフィア王妃芸術センターはもとより、サン・フェルナンド美術アカデミーラザロ・ガルディアーノ美術館ゴヤのパンテオンにもご案内します。
◆11/5発は、プレミアムエコノミークラス限定出発日です。

【リスボンの美術館】
グルベンキアン美術館は石油王カルースト・グルベンキアン(1869-1955)が世界各国より集めたの芸術品を所蔵しています。絵画ばかりではなく、エジプトの彫刻から、日本の浮世絵、現代美術に至るまでの作品群が展示されています。
国立古美術館 19世紀までの芸術品を集めたポルトガル最大の博物館で、日本の南蛮屏風も展示されています。西洋絵画では、メムリンク「聖母子」、ラファエロ「クレモナの聖エウセビウスの奇跡」、ボス「聖アントニウスの誘惑」、デューラー「聖ヒエロニムス」、15世紀の祭壇画「聖ヴィセンテの祭壇画」などを所蔵しています。

【トレド】
三方をタホ川に囲まれた天然の要塞都市トレドは、16世紀半ばに首都がマドリードと決められるまで、王国の首都としての役割を果たしてきました。このトレドゆかりの画家がエル・グレコ(1541-1614)です。16世紀半ば、放浪の末にトレドに移り住んだギリシャ人画家エル・グレコは、大聖堂のために宗教画「聖衣剥奪」を描きました。しかし、あまりにも大胆で革新的だったため、教会からは非難されました。その後グレコは、街の伝説に基づいた傑作「オルガス伯の埋葬」を生み出しました。絵の中には、街の人々とエル・グレコ自信の姿が描きこまれています。

【プラド美術館とティッセン・ボルネミッサ美術館】
プラド美術館は、王家のコレクションを基に設立されたスペイン絵画の殿堂です。エル・グレコ、ベラスケス、リベラ、スルバラン、ムリリョ、ゴヤなどのスペイン絵画のほか、ファン・デル・ウェイデンやボス、ブリューゲルなどフランドルの作品が充実しています。ティッセン・ボルネミッサ美術館は、貴族の個人コレクションを基にしています。スペイン美術のみならず、イタリア、フランドル、オランダなどの中世からバロック期の作品、フランス印象派、20世紀絵画までの幅広い作品を展示しています。王立サン・フェルナンド美術アカデミーでは、ゴヤをはじめ、ムリリョ、スルバラン、リベラなどのスペイン人画家の作品や、ルーベンスやヴァン・ダイクなどフランドルの作品を見ることができます。
※2018年2月24日~10月14日まで日本にて「プラド美術館展」が行われ、ベラスケス7点をはじめ61点が来日します。どの作品が来日するかは、パンフレット制作時点(2017年11月)未発表です。

【エル・エスコリアル修道院】
スペイン王フェリペ2世は、1557年にサン・カンタンの戦いでフランスに勝利したことを記念して、1561年、グアダラーマ山脈ふもとのエル・エスコリアルに、巨大な修道院を建設しました。修道院には王家の霊廟も置かれ、フェリペはここを離宮としてたびたび滞在しました。内部には、王家が蒐集した、ベラスケス、ヴェロネーゼ、ティントレット、ファン・デル・ウェイデン、エル・グレコなどの作品が展示されています。1984年に世界遺産に登録されました。

  • リスボン 国立古美術館 聖アントニウスの誘惑

    (C)Wikimedia Commons

  • マドリード・プラド美術館 ゴヤ「着衣のマハ」「裸のマハ」

    (C)Wikimedia Commons

ご案内

◆11/5発は、エールフランス航空利用プレミアムエコノミークラス限定出発日です。
◆国内線航空券手配追加代金:名古屋・大阪・札幌・福岡 無料 !! (但し当社指定便による。また、繁忙期は除きます。)※ご旅行お申し込み時と同時にお申し出ください。満席等の理由によりお席が確保できない場合もございます。ご回答は出発の30日前前後となります。予め御了承ください。
◆重い荷物を持たずに「らくらく集合」 スーツケース往復宅配サービス(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 成田(12:20予定)⇒マドリード⇒(19:55予定)リスボン
午前:イベリア航空(予定)にてマドリード乗り継ぎリスボンへ。
※11/5発は、
羽田(13:45予定)⇒パリ⇒(22:20予定)リスボン
となります。
夜:到着後、ホテルへ。 
【リスボン泊】 3連泊!! お食事は機内食となります。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
2日目 リスボン滞在
終日:リスボンの美術館をめぐります。グルベンキアン美術館◎にて、古代エジプトから近代に至るまでの様々な分野の蒐集品を見学します。古い修道院を改装し、芸術的なアズレージョ(装飾タイル)を展示する国立アズレージョ美術館◎を見学します。
【リスボン泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
3日目 リスボン滞在
午前:ジェロニモス修道院◎ベレンの塔●発見のモニュメント●を見学します。ポルトガル最大の美術館で、ボス「聖アントニウスの誘惑」が展示されている国立古美術館を見学します。
昼食:古美術館内にあり、テージョ川の眺めがいい「ル・シャ Le Chat」にて。(注1)
午後:リスボン名物のケーブルカーに乗り、サン・ロケ教会◎へ。天正少年使節団が滞在した教会を見学します。
【リスボン泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
4日目 リスボン⇒マドリード→(87㎞)トレド
午前:空路、マドリードへ。着後、エル・グレコゆかりの街トレドへ。
午後:エル・グレコの「キリスト洗礼」などが展示されているタベラ施療院◎を見学します。
【トレド泊】 2連泊!!
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
5日目 トレド滞在(徒歩にて見学します。)
終日:エル・グレコの祭壇画「聖衣剥奪」、彫刻が施された聖歌隊席、凝った装飾「トランスパレンテ」など見どころが多いトレド大聖堂◎、エル・グレコ、リベラ、ゴヤなどの作品を展示しているサンタ・クルス美術館◎を見学します。
また、後半生を取れどで過ごしたエル・グレコの家を再現したエル・グレコ博物館◎、かつてユダヤ教シナゴーグだったトランシト教会◎、エル・グレコが自らの姿も描き入れた「オルガス伯の埋葬」が展示されているサント・トメ教会◎を見学します。
【トレド泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
6日目 トレド→(112㎞)エル・エスコリアル→(56㎞)マドリード
午前:エル・エスコリアルへ。王家の墓所で芸術の宝庫エル・エスコリアル修道院◎を見学します。見学後、マドリードへ。
午後:ゴヤやボスの作品が置かれているラザロ・ガルディアーノ美術館◎ゴヤのパンテオン◎を見学します。
【マドリード泊】 3連泊!!
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
7日目 マドリード滞在 (徒歩と公共の交通機関を利用して見学します。)
午前:ピカソやダリなど巨匠たちが学んだサン・フェルナンド美術アカデミー◎、多くの芸術作品があるデスカルサス・レアレス修道院◎を見学します。
午後:中世から20世紀に至る膨大な絵画が充実しているティッセン・ボルネミッサ美術館◎を見学します。
【マドリード泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
8日目 マドリード滞在 (徒歩と公共の交通機関を利用して見学します。)
午前:ソフィア王妃芸術センター◎にて、ピカソの大作「ゲルニカ」を鑑賞します。その後、ゴヤ、ベラスケスなどのスペイン絵画、フランドル絵画が充実しているプラド美術館◎を見学します。ご案内の後、館内で解散します。館内にはカフェもありますので、ゆっくりと美術鑑賞をお楽しみ下さい。
午後:自由行動。
【マドリード泊】
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
9日目 マドリード(13:00予定)⇒
午後:イベリア航空(予定)にて、帰国の途へ。(他の航空会社利用の場合は、ヨーロッパ内乗り継ぎとなります。)
※11/05発は、
マドリード(12:05予定)⇒パリ⇒

【機内泊】 お夕食は機内食となります。
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
10日目 ⇒(10:45予定)成田
午前:空港到着後、解散。
11/5発は、
⇒(12:05予定)羽田
となります。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×

お知らせ

(注1)レストランの都合により、同等の別のレストランとなる場合がございます。
※航空機発着時刻は、7月1日現在のイベリア航空のスケジュールを基本としています。他の航空会社利用の場合、また、航空会社のスケジュール変更などにより、発着時刻や経由地が変更になる場合があります。また、発着空港は、成田または羽田空港のいずれかとなります。
※各美術館の絵画が予告なしに修復や貸出しになることがあります。又、館内ガイドが禁止されている美術館では自由鑑賞となります。
※◎表記の見学地は入場観光、●は下車観光でのご案内となります。
11/5発は帰国延長など別手配を承ることは出来ません。

日数 8泊10日 食事条件 朝:8回 昼:6回 夕:4回
機内食は含みません。
最少催行人数 8名様
定員18名
延泊 1月発・3月発はご延泊などの別手配も承ります。11月発は承れません。
添乗員 なし
成田または羽田より同行します。
利用航空会社 エールフランス航空、KLMオランダ航空

イベリア航空
  • エル・エスコリアル

    (C)Wikimedia Commons

  • 古都トレド

    (C)Wikimedia Commons

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2018年11月05日(月) 帰着日2018年11月14日(水) 旅行代金【2人1室  598,000円】 状況催行決定 予約予約
出発日2019年01月28日(月) 帰着日2019年02月06日(水) 旅行代金【2人1室  478,000円】 状況受付中 予約予約
出発日2019年03月04日(月) 帰着日2019年03月13日(水) 旅行代金【2人1室  488,000円】 状況受付中 予約予約
旅行代金・その他に関するご案内
◆燃油サーチャージ約26,000円は旅行代金に含まれています。旅行契約成立後に燃油サーチャージが増または減額、廃止されても増額分の追徴ならびに廃止を含む減額分の払い戻しはありません。
◆成田・羽田空港施設利用料・保安税および海外空港税・国際観光旅客税目安額7,500円が別途必要になります。(18年7月1日現在)※但し、今後の為替変動などにより、増または減となる場合があります。予めご了承ください。
◆一人部屋追加代金 70,000円
※一人部屋追加代金は個室を確保するための料金であり、グレードアップのための差額ではございまではございません。
※相部屋ご希望の場合でも、お一人部屋代金を一旦申し受けます。最終的に相部屋希望の方がなく、お一人部屋利用となった場合、お一人部屋追加代金を申し受けます。同室になった場合に限り、お一人部屋追加代金をご返金致します。
◆子供代金(2才以上12歳未満):大人と同一
◆往復ビジネスクラス利用追加代金:成田~マドリード間(イベリア航空) 380,000円(1月発・3月発)、190,000円(11月発)
◆現地参加旅行代金(リスボンホテル合流/マドリードホテル離団) 390,000円
お申込期限
★渡航情報(危険情報):発出されておりません。(2018年7月1日現在)
★査証関連情報は外務省海外安全ホームページの安全対策基礎データでもご参照いただけます。
★スペイン・ポルトガル出国時3ヵ月以上(シェンゲン加盟国)
★日本国籍の方は査証不要

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<S2-7752-180000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661