海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
10日間

【美の旅】セルビアとコソボの修道院めぐり

こだわり 森の中に点在するセルビア正教の美を訪ねる

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 成田空港 または羽田空港
目的地 セルビア・モンテネグロ
設定期間 2018年06月02日~2018年10月06日
ツアーコード S2-7750-180000
基本代金 ¥428,000~¥428,000(2人1室)

朝日旅行のこだわり

ツアーポイント
コソボの修道院 世界遺産に登録されているグラチャニツァデチャニペーチの修道院をめぐります。
セルビアの修道院
ラシュカ派(12世紀後半から13世紀)・・・ストゥデニツァデチャニグラダッツミレシェヴァソポチャニなど。
モラヴァ派(1370年以降)・・・ラヴァニツァリュボスティニャマナシアなど。
フルシュカ・ゴラの修道院・・・16世紀以降、オスマン・トルコから逃れ、多くの修道院がこの一帯へとやってきました。バロック様式の影響を受けた建築に、ラシュカ派やモラヴァ派の伝統を組む壁画が描かれています。
ドナウ川ミニクルーズ(約1時間)もお楽しみいただきます。

【コソボの修道院】
グラチャニツァ修道院は、1311年頃に建てられ、フレスコは1330年頃に完成しました。フレスコには、「キリストの生涯」「最後の審判」、当時の王の姿などが描かれ、後期ビザンティン建築の傑作のひとつとされています。
デチャニ修道院は、モンテネグロ・コトルから来た建築家が、1327-35年にロマネスク様式で造りました。内部のフレスコは1350年頃の完成で、「キリスト伝」「創世記」などが描かれています。
ペーチには、セルビア正教の総主教座が置かれていました。3つの聖堂が軒を並べ、内部にはフレスコが描かれています。

【ストゥデニツァ修道院とソポチャニ修道院】
12世紀末に設立されて以来、現在も修道院としての活動を続けています。ロンバルディア帯で飾られた美しいロマネスク様式の建築に、1208-09年に描かれた見事なフレスコが残されています。とりわけ「磔刑」は傑作として知られています。また、敷地内にある、14世紀初頭に造られた「王の教会」にも、フレスコが描かれています。1260年創設のソポチャニ修道院にも、美しいフレスコが残されています。有名な場面は、西壁に描かれた「聖母のお眠り」です。

【ラヴァニツァ修道院とマナシア修道院】
1370年以降、ビザンティンの影響が見られる「モラヴァ派」の修道院が建てられました。オスマン帝国と果敢に戦ったラザル公が建て、没後葬られたラヴァニツァ修道院はその好例で、ビザンティン風の外観の建築内部には、14世紀後半のフレスコが残されています。マナシア修道院は、15世紀初頭に建てられました。美しいフレスコは、モラヴァ派最高峰とされます。また、敷地を囲む堅固な城壁が印象的です。

【ミレシェヴァ修道院】 1235年頃に建てられ、初代セルビア主教聖サヴァの遺体が置かれていました。フレスコは1230年代に完成しました。「最後の審判」「受胎告知」「キリストの墓を訪れる聖女たち」などが描かれています。「キリストの墓を訪れる聖女たち」に描かれた、大きな瞳でこちらを見つめる「白い天使」は、中世セルビア美術最大の傑作とされています。

  • グラチャニツァ修道院(コソボ)

    (C)AST

  • デチャニ修道院(コソボ)

    (C)AST

ご案内

◆国内線航空券手配追加代金:名古屋・大阪・札幌・福岡無料(但し当社指定便による。また、繁忙期は除きます。)※ご旅行お申し込み時と同時に、遅くともご出発の40日前までにお申し出ください。満席等の理由によりお席が確保できない場合もございます。ご回答は出発の30日前前後となります。予め御了承ください。
◆重い荷物を持たずに「らくらく集合」 スーツケース往復宅配サービス(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 成田(22:30予定)⇒
夜:ターキッシュエアラインズ(予定)にてイスタンブール乗り継ぎ、コソボの首都プリシュティナへ。
〔機内泊〕 お食事は機内食となります。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
2日目 ⇒イスタンブール⇒(08:30予定)プリシュティナ
午前:プリシュティナ着後、市内を小観光します。
午後:14世紀のフレスコに覆われ、世界遺産に登録されている、郊外のグラチャニツァ修道院◎を見学します。
〔プリシュティナ泊〕 2連泊!!
宿泊  
食事 朝×  昼○  夕○
3日目 プリシュティナ→(80㎞)プリズレン→プリシュティナ
終日:プリシュティナ郊外のリプリアン教会◎を見学します。その後、深い歴史があり、アルバニア独立運動の中心地となった街プリズレンへ。リェヴィシャの生神女教会●、オスマン時代の石の橋●シナン・パシャ・モスクプリズレン連盟博物館◎などプリズレンを観光します。
〔プリシュティナ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
4日目 プリシュティナ→(100㎞)デチャニ修道院→(15㎞)ペーチ→(100㎞)ノヴィ・パサール
午前:世界遺産のデチャニ修道院へ。デチャニ修道院◎にて14世紀の壁画を鑑賞します。その後、中世セルビア王国の宗教の中心地ペーチへ。3つの教会が並ぶペーチ総主教座聖堂◎を見学します。
午後:国境を越え、モンテネグロを通過し、セルビアノヴィ・パサールへ。
〔ノヴィ・パサール泊〕 2連泊
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
5日目 ノヴィ・パサール→(20㎞)ソポチャニ修道院→(110㎞)ミレシェヴァ修道院→(110㎞)ノヴィ・パサール
午前:セルビア最古で世界遺産の聖ペトル聖堂◎、13世紀後半のフレスコが残るソポチャニ修道院◎を見学します。
午後:13世紀前半に建てられ、「白い天使」のフレスコで有名なミレシェヴァ修道院◎を見学します。見学後、ノヴィ・パサールに戻ります。
〔ノヴィ・パサール泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
6日目 ノヴィ・パサール→(35㎞)グラダツ修道院→(50㎞)ストゥデニツァ修道院→(55㎞)ジチャ修道院→(5㎞)クラリェヴォ
午前:13~14世紀のフレスコが残るストゥデニツァ修道院◎、ロンバルディア帯で美しく装飾されたグラダツ修道院◎を見学します。
午後:中世セルビア王国の王たちが戴冠式を行ったジチャ修道院◎を見学し、クラリェヴォへ。 
〔クラリェヴォ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
7日目 クラリェヴォ→(35㎞)リュボスティニア修道院→(80㎞)ラヴァニツァ修道院→(30㎞)マナシア修道院→(135㎞)ベオグラード
午前:外壁の装飾が美しいリュボスティニア修道院◎を見学します。
午後:中世セルビアの英雄ラザル公が葬られ、今も訪れる人が絶えないラヴァニツァ修道院◎、11本の塔がある城壁が印象的で、15世紀の美しいフレスコが残るマナシア修道院◎を見学して、ベオグラードへ。
〔ベオグラード泊〕 2連泊!!
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
8日目 ベオグラード→(70㎞)フルシュカ・ゴラ修道院群→(25㎞)ノヴィ・サド→(90㎞)ベオグラード
午前: ドナウ川とサヴァ川をクルーズします。その後、カレメグダン公園●からドナウ川を見下ろします。
午後: 16の修道院が集まる「セルビアの聖地」フルシュカ・ゴラへ。伝統様式とバロック様式が混在するクルシェドル修道院◎ノヴォ・ホポヴォ修道院◎を見学します。
夕食:民族音楽を聴きながら夕食を。
〔ベオグラード泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
9日目 ベオグラード→(85㎞)オプレナッツ→ベオグラード(20:20発)⇒イスタンブール
午前:自由行動。
午後:オプレナッツへ。各地のフレスコをモザイクで再現している聖ジョルジェ聖堂◎を見学します。
夜:ターキッシュエアラインズ(予定)にてイスタンブール乗り継ぎ、帰国の途へ。
〔機内泊〕夕食は機内食となります。
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
10日目 イスタンブール⇒(19:30予定)成田
夜:空港到着後、解散。
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×

お知らせ

※航空機発着時刻は、12月1日現在のターキッシュエアラインズのスケジュールを基本としております。航空会社のスケジュール変更などにより、発着時刻が変更となる場合があります。発着空港は、成田または羽田空港となります。
※大聖堂や教会が宗教行事や修復のため予告なく閉まることがあります。
※◎表記の見学地は入場観光、●は下車観光でのご案内となります。

日数 7泊10日 食事条件 朝:7回 昼:8回 夕:7回
最少催行人数 8名様 延泊 ご延泊などの別手配も承ります。
添乗員 あり
成田または羽田発着で同行します。
利用航空会社 トルコ航空、日本航空、全日本空輸
  • 「白い天使」(セルビア ミレシェヴァ修道院)

    (c)Wikimedia Commons

  • ストゥデニツァ フレスコ

    (C)AST

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2018年06月02日(土) 帰着日2018年06月11日(月) 旅行代金【2人1室  428,000円】 状況催行決定 予約予約
出発日2018年10月06日(土) 帰着日2018年10月15日(月) 旅行代金【2人1室  428,000円】 状況受付中 予約予約
旅行代金・その他に関するご案内
◆燃油サーチャージ13,000円は旅行代金に含まれています。旅行契約成立後に燃油サーチャージが増または減額、廃止されても増額分の追徴ならびに廃止を含む減額分の払い戻しはありません。
◆空港施設使用料・旅客保安サービス料および現地空港諸税(日本円目安額6,900円)が別途必要になります。(17年12月1日現在)※但し、今後の為替変動などにより、増または減となる場合があります。予めご了承ください。
◆一人部屋追加代金60,000円(ダブルのみ)
※一人部屋追加代金は個室を確保するための料金であり、グレードアップのための差額ではございまではございません。
※相部屋ご希望の場合でも、お一人部屋代金を一旦申し受けます。最終的に相部屋希望の方がなく、お一人部屋利用となった場合、お一人部屋追加代金を申し受けます。同室になった場合に限り、お一人部屋追加代金をご返金致します。
◆子供代金(2才以上12歳未満):大人と同一
◆往復ビジネスクラス利用追加代金:成田~イスタンブール間(ターキッシュエアラインズ) 340,000円
◆現地参加旅行代金(プリシュティナホテル合流/ベオグラードホテル離団) 310,000円
お申込期限
★渡航情報(危険情報):両国国境地帯に「十分注意してください」が発出されております。(2017年12月1日現在)
★査証関連情報は外務省海外安全ホームページの安全対策基礎データでもご参照いただけます。
★旅券残存有効期間/セルビア・コソボ出国時3か月以上必要。
★日本国籍の方は査証不要

旅行条件についてはこちらの旅行条件書をご確認の上、印刷又はファイル保存して下さい。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<S2-7750-180000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661