海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
10日間

【美の旅】ビザンティン美術の至宝を訪ねて

こだわり ブルガリア・マケドニア・北ギリシャの世界遺産を巡る

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 成田空港
目的地 マケドニア
設定期間 2019年05月11日~2019年10月12日
ツアーコード S2-7720-190000
基本代金 ¥498,000~¥498,000(2人1室)

朝日旅行のこだわり

世界遺産にもなっている中世ビザンティン美術の至宝が集まるブルガリア、マケドニア、北ギリシアの貴重な聖堂をめぐり、ビザンティン美術を堪能します。併せて、湖畔の美しい中世の聖都オフリドの風景を楽しみます。

ツアーポイント
◆ブルガリアにて、リラ修道院ボヤナ聖堂の2つの世界遺産を訪ねます。
◆マケドニアでは、ネレズィの聖パンテレイモン修道院聖堂壁画、オフリドのイコン美術館の「受胎告知」、クルビノヴォ村の聖ゲオルギオス聖堂壁画などマケドニアの至宝を訪ねます。
◆マケドニア国境に近い北ギリシア・カストリアの知られざる珠玉の聖堂美術を訪ねます。
テサロニキにて数々のビザンティン美術の作品を収めるギリシア最大のビザンティン美術館と世界遺産の聖堂群を見学します。

【マケドニアに連なるビザンティン美術の至宝】
★うるわしの聖都オフリド オフリドは、ユスティニアヌス帝以前の初期キリスト教時代にすでに聖堂が建てられていました。9世紀末にはスラヴ人への布教の拠点となりました。中世ブルガリア帝国時代には総主教座がおかれ、宗教・文化の中心都市として中世美術の華が開きました。美しい湖を背景に、イコンの傑作「受胎告知」を収めるイコン美術館、聖ソフィア、湖畔にたつ美しい聖ヨハネ・カネオなど重要な聖堂が連なります。
★ビザンテインの至宝ネレズィの「ピエタ」 スコピエ近郊ネレズィの聖パンテレイモン修道院聖堂には、後のジョットなど西欧美術の図像表現に繋がったとされる「ピエタ」など「キリスト受難」が描かれ、ビザンティン美術の粋を結集しています。
★小さな村に隠された珠玉のビザンティン美術 オフリドの東、プレスパ湖に近いクルビノヴォ村には素朴な外観とは対照的に見事なフレスコ壁画で飾られた聖ゲオルギオス聖堂があります。その優美な天使の壁画はマケドニアの紙幣にも使われています。訪れる人も少ないためか保存状態も良く、実に美しく印象的な隠された珠玉の名画と言えます。

【ブルガリアのボヤナ聖堂(世界遺産)】 ソフィア郊外にあるボヤナ聖堂の壁面にはほぼ完全な形で保存されたフレスコ壁画が残り、世界遺産となっています。その写実的な表現力は中世の宗教絵画とは思えないほどの情感に溢れています。ダ・ヴィンチ誕生の200年前、ジョットの半世紀前に描かれた「ボヤナの巨匠」の手による中世ブルガリア美術の記念碑的作品です。聖ニコラウス、寄進者カロヤンとデシスラヴァの肖像は特に印象的です。

【北ギリシアのビザンティン聖堂群カストリアの知られざる名品】
マケドニアの国境に近いカストリアには、かつて70を超える聖堂があったとされ、今も9世紀のフレスコ画が残るアギオス・ステファノス聖堂、10世紀のアギイ・アナルギリ聖堂など50余りの聖堂が活動しています。
テサロニキにも多くの修道院聖堂があり、そのビザンティン建築群は世界遺産に登録されています。

  • ネレズィ 聖パンテレイモン修道院「ピエタ」(マケドニア)

    (c)AST

  • オフリド 聖ヨハネ・カネオ聖堂(マケドニア)

    (c)AST

ご案内

◆国内航空券手配追加代金:名古屋・大阪・札幌・福岡 無料(但し当社指定便による。また、繁忙期は除きます。)※ご旅行お申し込み時と同時に、遅くともご出発の40日前までにお申し出ください。満席等の理由によりお席が確保できない場合もございます。ご回答はご出発の30日前前後となります。予めご了承ください。
◆重い荷物を持たずに「らくらく集合」 スーツケース往復宅配サービス(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 成田(21:45予定)⇒
夜:ターキッシュエアラインズ(予定)にてイスタンブール乗り継ぎ、ソフィアへ。
〔機内泊〕お食事は機内食となります。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
2日目 ⇒イスタンブール⇒(09:05予定)ソフィア
午前:ソフィア到着後、市内を観光します。アレクサンダル・ネフスキー大聖堂◎聖ソフィア聖堂●聖ゲオルギ教会●聖ペトカ地下聖堂●などを見学します。
午後:ソフィア郊外、13世紀半ばのフレスコが見事に残る世界遺産ボヤナ教会◎を見学します。
〔ソフィア泊〕
宿泊  
食事 朝×  昼○  夕○
3日目 ソフィア→(120㎞)リラ修道院→(225km)スコピエ
午前:10世紀創設で世界遺産のリラ修道院へ。聖堂◎博物館◎を見学します。
午後:国境を越え、マケドニアのスコピエへ。(所要約4時間)
〔スコピエ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
4日目 スコピエ→(180km)オフリド
午前:スコピエ市内小観光。中世のフレスコ画やイコン、各地のフレスコのレプリカなどが見られるマケドニア博物館の中世美術部門◎などを見学します。
午後:スコピエ郊外の山中の村ネレズィへ。「ピエタ」「キリスト受難」などのフレスコで飾られた聖パンテレイモン修道院聖堂◎を見学します。その後、オフリドへ。
〔オフリド泊〕 2連泊!!
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
5日目 オフリド滞在
終日:中世マケドニアにおける宗教・文化の中心都市オフリドの聖堂群を見学します。イコン「受胎告知」があるイコン美術館◎、1300年頃の壁画が見事に残る聖クリメント聖堂◎、湖を背景にした姿が美しい聖ヨハネ・カネオ聖堂◎、かつて大主教座が置かれていた聖ソフィア聖堂◎を見学します。お天気が良ければ、ボートに乗り、湖から町を眺めます
昼食:湖のマス料理をお召し上がりください。
〔オフリド泊〕

宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
6日目 オフリド→(35km)ナウム修道院→(60km)クルビノヴォ→(140km)カストリア
午前:湖畔を走り、オフリド湖南端の聖ナウム修道院◎へ。聖堂を見学します。その後、峠を越えて、プレスパ湖畔へ。
午後:小型バスに乗り換え、クルビノヴォ村へ。12~15世紀のすばらしい壁画が残る聖ゲオルギオス聖堂◎を見学します。その後、国境を越え、ギリシャのカストリアへ。
〔カストリア泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
7日目 カストリア→(195km)テサロニキ
午前:カストリアの聖堂群を見学します。ビザンティン美術館◎アギイ・アナルギリ聖堂◎アギオス・ステファノス聖堂◎を見学します。また、カストリア湖岸を走り、パナギア・マヴリオティサ聖堂◎を見学します。
午後:一路、テサロニキへ。
〔テサロニキ泊〕 2連泊!!
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
8日目 テサロニキ滞在
終日:テサロニキのビザンティン聖堂群を見学します。4~20世紀の美術品を収めるビザンティン美術館◎、14世紀初めのフレスコが残るアギオス・ニコラオス・オルファノス小聖堂◎、街の西はずれに建つアギイ・アポストリ聖堂◎、8~9世紀のモザイクが残るアギア・ソフィア聖堂◎、5世紀のモザイクが残るアギオス・デミトリス聖堂◎を見学します。
〔テサロニキ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
9日目 テッサロニキ(21:25予定)⇒
終日:出発まで自由行動。(他の航空会社利用の場合、自由行動の時間がなくなる場合がございます。)
夜:ターキッシュエアラインズ(予定)にて、イスタンブール乗り継ぎ、帰国の途へ。
〔機内泊〕夕食は機内食となります。
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
10日目 ⇒イスタンブール⇒(19:10予定)成田
夜:空港到着後、解散。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×

お知らせ

※航空機発着時刻は、11月1日現在のターキッシュエアラインズのスケジュールを基本としております。他の航空会社利用の場合、また、航空会社のスケジュール変更などにより、発着時刻や経由地が変更となる場合があります。
※大聖堂や教会が宗教行事や修復のため予告なく閉まることがあります。
※◎表記の見学地は入場観光、●は下車観光でのご案内となります。

日数 7泊10日 食事条件 朝:7回 昼:7回 夕:6回
最少催行人数 8名様 延泊 ご延泊などの別手配も承ります。
添乗員 あり
成田より同行します。
利用航空会社 トルコ航空、オーストリア航空、ルフトハンザ ドイツ航空、全日本空輸
  • クルビノヴォ 聖ゲオルギオス聖堂(マケドニア)

    (c)AST

  • カストリア アギイ・アナルギリ聖堂(ギリシャ)

    (c)AST

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2019年10月12日(土) 帰着日2019年10月21日(月) 旅行代金【2人1室  498,000円】 状況催行決定 予約予約
旅行代金・その他に関するご案内
◆旅行代金に燃油サーチャージ(34,000円相当)を含みます。旅行契約成立後に燃油サーチャージが増または減額、廃止されても増額分の追徴ならびに廃止を含む減額分の払い戻しはありません。
◆成田・羽田空港施設利用料・保安税および海外空港税・国際観光旅客税目安額5,800円が別 途必要になります。(18年11月1日現在)※但し、今後の為替変動などにより、増または減となる場合があります。予めご了承ください。
◆一人部屋追加代金70,000円(ダブルのみ)
※一人部屋追加代金は個室を確保するための料金であり、グレードアップのための差額ではございまではございません。
※相部屋ご希望の場合でも、お一人部屋代金を一旦申し受けます。最終的に相部屋希望の方がなく、お一人部屋利用となった場合、お一人部屋追加代金を申し受けます。同室になった場合に限り、お一人部屋追加代金をご返金致します。
◆子供代金(2才以上12歳未満):大人と同一
◆往復ビジネスクラス利用追加代金:成田~イスタンブール間(ターキッシュエアラインズ) 340,000円
◆現地参加旅行代金(ソフィアホテル合流/テサロニキホテル離団) 380,000円
お申込期限
★渡航情報(危険情報):マケドニアに「充分に注意して下さい。」が発出されております。(2018年11月15日現在)
★査証関連情報は外務省海外安全ホームページの安全対策基礎データでもご参照いただけます。
★旅券残存有効期間:ブルガリア・ギリシャ出国時3ヵ月以上、マケドニア出国時まで
★ブルガリア入国に際し、海外旅行傷害保険(3万ユーロ以上)への加入が義務付けられています。
★日本国籍の方は査証不要

旅行条件についてはこちらの旅行条件書をご確認の上、印刷又はファイル保存して下さい。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<S2-7720-190000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661