海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
9日間

<日本航空で行く>【美の旅】パリ美術館めぐり

こだわり 芸術の都パリの名画・名美術館を訪ねます

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 羽田
目的地 フランス
設定期間 2018年02月08日~2018年04月05日
ツアーコード S2-7709-170000
基本代金 ¥418,000~¥498,000(2人1室)

JALロゴ
安心の日本航空利用!
朝日旅行のこだわり

ツアーポイント
◆世界の美術館>ルーヴルを2日にわたって見学
中世からルネサンス、バロック、18世紀までのヨーロッパの至宝的作品の数々を鑑賞します。
◆印象派の殿堂オルセー美術館を見学します
さらに、オランジュリー美術館、マルモッタン美術館にて印象派絵画を鑑賞します。
国立近代美術館(ポンピドゥセンター)にて、20世紀美術を鑑賞します。
◆拡張され新装なったピカソ美術館、10年以上に及んだ改修工事が終了したギュスタヴ・モロー美術館を見学します。
「パリ・ミュージアム・パス(6日間)」「パリ・ヴィジット(5日間)」をお渡しします。自由行動時にもお使いいただけます。
シャンティイ城とコンデ美術館を見学します。
◆2/8発は、プレミアムエコノミークラスを利用します。

【ルーヴル美術館】
●イタリア絵画
ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」、「岩窟の聖母」、「聖母子と聖アンナ」の3点はルーヴルの至宝です。ラファエロ「美しき女庭師」、ヴェロネーゼの大作「カナの婚宴」などルネサンス名画が並びます。
●北方絵画
レンブラント、フェルメール、ヤン・ファン・エイク、ブリューゲルなどの作品が並びます。中でも、圧巻はルーベンスの連作「マリー・ド・メディシスの生涯」でしょう。その他、ゴヤ、エル・グレコ、ベラスケスなどのスペイン絵画やフランス絵画など名作、秀作がズラリと並びます。

【印象派の殿堂 オルセー美術館】
オルセーは印象派の殿堂ですが、印象派以前のアングルの古典主義、ドラクロワなどのロマン主義から印象派以前の名作も展示されています。話題作マネの「草上の昼食」や「オランピア」、クールベ、モネ、ゴッホ、ルノアール、セザンヌ、ドガなどをご鑑賞いただけます。

【ギュスタフ・モロー美術館】
19世紀後半、神話や宗教などのテーマを独創的な画風で描いたギュスタヴ・モロー。美術館が入る建物は、画家が、26歳から72歳で亡くなるまで暮らした邸宅兼アトリエで、彼の作品のほとんどがこの館から生まれました。油彩画、水彩画、デッサンなど1万点以上を所蔵する美術館は、各展示室とも、壁一面がモローの作品で埋め尽くされています。モローが家族と暮らした居室も、使用した品々とともに残され、モローの芸術を肌で感じることができる場所となっています。

【クリュニー美術館】
ミニアテュール、サント・シャペルのステンドグラス、象牙細工、陶器、彫刻などフランスの中世美術、装飾品の粋が集められています。中でも中世末期の絵画作品の傑作といわれる「タラスコンのピエタ」、美しい6枚の「貴婦人と一角獣」のタピスリーは必見です。

【シャンティイ城】
14世紀以来増改築が重ねられ、19世紀の最後の城主オーマール公が現在の城館を建造しました。城内には、歴代の城主による蒐集品を集めたコンデ美術館や図書館があります。「美術館内の配置を変えない」「蒐集品を城外に持ち出さない」という遺言により、作品の貸出しは一切行われず、シャンティイ城まで足を運ばないと見られないコレクションです。しかも、ラファエロ、ボッティチェリ、リッピ、ニコラ・プサン、アングル、ドラクロワ・・・と粒ぞろいの名作に出会うことができます。

  • オランジュリー美術館

    (c)AST

  • オルセー美術館

    (c)AST

ご案内

◆2/8発は、プレミアムエコノミークラスを利用します。
JALビジネスクラス
◆国内線航空券手配追加代金(片道):名古屋・大阪・札幌・福岡 無料!! (但し当社指定便による。また、繁忙期は除きます。)※ご旅行お申し込み時と同時にお申し出ください。満席等の理由によりお席が確保できない場合もございます。ご回答は出発の30日前前後となります。予め御了承ください。
◆重い荷物を持たずに「らくらく集合」 スーツケース往復宅配サービス(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 羽田(10:35予定)⇒(16:10予定)パリ
午前:日本航空にてパリへ。
午後:到着後、ホテルへ。
宿泊:オペラ座から至近の「マリオット・オペラ・アンバサダー」に7連泊します。
〔パリ泊〕7連泊!! お食事は機内食となります。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
2日目 パリ滞在
「ミュージアム・パス(6日間)」をお渡しします。
終日:「貴婦人と一角獣のタピスリー」など中世美術を集めたクリュニー美術館◎、モローが暮らした邸宅兼アトリエモロー美術館◎、20世紀美術の殿堂国立近代美術館(ポンピドゥーセンター)◎を見学します。
〔パリ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
3日目 パリ滞在 (公共の交通機関を利用して見学します。)
「パリ・ヴィジット(5日間)」をお渡しします。
午前:モネの睡蓮の部屋が有名なオランジュリー美術館◎を見学します。その後、セーヌ川を渡り、オルセー美術館へ。
昼食:オルセー美術館内のレストランにて。(注1)
午後:印象派など近代絵画の殿堂オルセー美術館◎を見学します。
〔パリ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
4日目 パリ滞在(公共交通機関を利用して見学します。)
終日:ルーヴル美術館◎見学①。デューラー、ファン・エイク、ルーベンス、フェルメールなどドイツ、フランドル、オランダの絵画、ダ・ヴィンチやモナリザやヴェロネーゼ「カナの婚礼」などイタリア絵画などを鑑賞します。(見学内容は5日目と入れ替える場合があります。)
〔パリ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
5日目 パリ滞在(公共交通機関を利用して見学します。)
午前:ルーヴル美術館◎見学②。ラ・トゥール、アングルなどフランス絵画、ダヴィッドの「ナポレオン戴冠」などの大作、スペイン絵画などを鑑賞します。(見学内容は4日目と入れ替える場合があります。)見学後、館内で解散します。 午後:自由行動。ご希望の方は引き続き古典部門などをご鑑賞ください。
〔パリ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
6日目 パリ滞在
終日:最大のモネ・コレクションで知られるマルモッタン美術館◎、改修工事が終了し、2014年に5年ぶりに再開したピカソ美術館◎を見学します。また、ヴォージュ広場●周辺を散策します。
〔パリ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
7日目 パリ滞在
終日:自由行動。「ミュージアム・パス」と「パリ・ヴィジット」を利用して、美術館めぐりなどお楽しみください。
〔パリ泊〕
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
8日目 パリ→(55km)シャンティイ→(27㎞)パリ(20:30予定)⇒
午前:森に囲まれた広大な敷地に建つシャンティイ城◎へ。ラファエロ、ニコラ・プサン、アングルなど、ラファエロ歴代の城主が集めた門外不出のコレクションを展示する城内のコンデ美術館◎を見学します。
昼食:シャンティイ城内のレストランにて。(注1)
夜:日本航空にて帰国の途へ。
〔機内泊〕  ※夕食は機内食となります。
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
9日目 ⇒(15:25予定)羽田
午後:空港到着後、解散。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×

お知らせ

(注1)レストランの都合により、同等クラスの別のレストランの利用となる場合があります。
※航空機発着時刻は、12月1日現在の日本航空のスケジュールを基本としております。航空会社のスケジュール変更などにより、発着時刻が変更になることがあります。
※2/8発は帰国延長など別手配を承ることはできません。
※各美術館の絵画が予告なしに修復や貸出しになることがあります。又、館内ガイドが禁止されている美術館では自由鑑賞となります。予めご了承ください。
※ルーヴルの見学日及び見学順路は事情により変更となることがあります。
※◎表記の見学地は入場観光、●は下車観光でのご案内となります。

日数 7泊9日 食事条件 朝:7回 昼:4回 夕:3回
機内食は含みません。
最少催行人数 8名様
定員18名
延泊 2/8発は帰国日延長は承れません。その他の出発日はご延泊など別手配も承ります。
添乗員 あり
羽田より同行します。
利用航空会社 日本航空
  • ギュスタフ・モロー美術館

    (c)Wikimedia Commons

  • ピカソ美術館

    (c)Wikimedia Commons

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2018年02月08日(木) 帰着日2018年02月16日(金) 旅行代金【2人1室  538,000円】 状況受付中 予約予約
出発日2018年04月05日(木) 帰着日2018年04月13日(金) 旅行代金【2人1室  458,000円】 状況催行決定 予約予約
旅行代金・その他に関するご案内
◆2/8発は、プレミアムエコノミークラスを利用します。
燃油サーチャージは旅行代金に含まれています。旅行契約成立後に燃油サーチャージが増または減額、廃止されても増額分の追徴ならびに廃止を含む減額分の払い戻しはありません。
羽田・成田空港施設使用料・旅客保安サービス料および現地空港諸税(日本円目安額8,800円)が別途必要になります。(17年12月1日現在) ※但し、今後の為替変動などにより、増または減となる場合があります。予めご了承ください。
◆子供代金(2才以上12歳未満):大人と同一
一人部屋追加代金:110,000円
※相部屋ご希望の場合でも、お一人部屋代金を一旦申し受けます。最終的に同性の相部屋ご希望の方がなく、お一人部屋利用となった場合、お一人部屋追加代金を申し受けます。同室になった場合に限り、お一人部屋追加代金をご返金致します。
◆往復ビジネスクラス利用追加代金:340,000円
◆往復ビジネスクラス利用追加代金(2/8発):160,000円
◆往復プレミアムエコノミー利用追加代金:180,000円
◆現地より参加の場合の旅行代金(パリ・ホテル合流離団)370,000円
お申込期限
★渡航情報(危険情報):発出されておりません。(2017年12月1日現在)
★旅券残存有効期間/フランス出国時3ヵ月以上。(シェンゲン協定加盟国) 見開き2ページ以上の余白が必要。
★日本国籍の方は査証不要
★査証関連情報は外務省海外安全ホームページの安全対策基礎データでもご参照いただけます。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<S2-7709-170000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661