海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
8日間

土谷先生同行 ウズベキスタン・フェルガーナ

汗血馬の故郷 フェルガーナ盆地の旅 

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 成田空港
目的地 ウズベキスタン
設定期間 2019年05月14日~2019年05月14日
ツアーコード S2-7156-190000
基本代金 ¥368,000~¥368,000(2人1室)

ウズベキスタンのタシケントの東、かつて「大苑」と呼ばれ、汗血馬の故郷として知られるフェルガーナ盆地に、その都と考えられる貳師城や貴山城を訪ねます。フェルガーナ盆地は肥沃な広大な盆地で、その自然は『中央アジアの真珠』とも呼ばれほど美しく、周辺にはカンカ、クヴァの遺跡やイスラム文化の華開いた
街々があり、ウズベキスタンの中でも異なった雰囲気を持っています。新緑のフェルガーナ盆地の歴史と文化に触れます。

シルクロード発展の嚆矢、『張騫』が漢の武帝の使節として訪れた『大宛国』(フェルガーナ)で、漢代とされる城塞址を巡る探訪の旅です。
前129年、シルクロードの黎明期に,「張騫の鑿空」といわれる、未知の世界、大宛国についての帰朝報告『大宛国は土着で耕作し、稲、麦、葡萄酒を産し,善馬が多い。馬は汗血馬で、その祖先は天馬の子である。城郭と家々が多くある(史記 ・ 大宛伝)』から、城塞の話が展開されてゆきます。
張騫の報告で、未知の世界の事情を知った武帝が最も深く動かされたのは、走ると血の汗を流す『汗血馬』で、トルコマン産の馬を高く評価する武帝は、大宛国特産の汗血馬を渇望した。使節に善馬を求めさせたが大宛に拒否され、使節も
『郁成城』で殺された。そこで汗血馬を求めた大宛遠征が企てられた。
第一次遠征(前104年)貳師将軍が数万の軍勢を率いて、敦煌から出陣、善馬が秘蔵されているという大宛の『貳師城』を目指したが、灼熱の沙漠行で兵力を消耗し、フェルガーナ東端の『郁成城』に着いたのは、数千名のみ。郁成城の闘いは『史記』が『郁成大いにこれを破り殺傷するところ甚だ多し』と伝えた。貳師将軍は撤退を決意し敦煌まで戻るが、武帝の怒りに触れて、敦煌に留めおかれた。
第二次遠征 前103年に6万の兵力で敦煌を本隊と別軍(先発隊)で大宛を目指す。千余人の先発隊は郁成城に到着、無条件降伏を勧めたが大宛は応じず猛攻撃で反撃、漢軍の別軍長も戦死し漢軍は大混乱に陥いったが、まもなく貳師将軍の本隊が到着。本格的な闘いで、大宛軍は郁成城に逃げこむ。 貳師将軍は郁成城を捜栗都尉に任せ、自ら本隊を率いて,貳 師城に向う。漢軍は大軍で城を取り巻き、攻城40余日。大 宛軍は内城に逃走。敗色濃く、大宛の貴族達は、善馬を隠し た大宛王母寡を殺し、使節に王の首をもたせ、貳師将軍のも とで『今ここに王の首を持参しました.どうか我々を攻撃し ないで下さい。いくらでも善馬を出し、食料も提供します』 と伝えさせた。
作戦会議で、『宿敵大宛国王母寡も今は亡き人。この際、和 議を結び、武帝が渇望する善馬を持ち帰った方が良いだろう と意見が一致した。貳師将軍は大宛の降伏を受け入れ和議が結ばれた。大宛は貳師城の善馬を出し、漢軍はその中から良 い馬を選んで分捕り品とした。善馬数十匹, 中馬以下, 雄 雌三千余匹だったという。貳師将軍は、大宛の貴族で、かつ て、漢の使節を優遇した眛蔡を大宛の新国王に任じ、馬と共 に凱旋の途についたが、ついに貳師の内城に入る事は許され なかった。
画期的な大宛遠征は、大成功を収めた。之によって、パミール以西の国々は漢の実力をはっきりと認識し、タリム盆地のオアシス国家は、ことごとく漢の命令に服する様になった。かくして、二次四年にわたるこの大宛遠征は、ようやく終結したのである.之を機会に西域諸国が漢の実力を再認識して、盛んに漢と交易を行うようになり、西域経営は前進した。大宛では、漢軍の撤退後、一年あまりで、また政変が起こり、貳師将軍が、大宛王とした眛蔡が漢にへつらい国を滅亡させたとして殺され、かわりに曾ての王『母寡』の弟『蝉封』が新王となった。『蝉封』は、都を貴山城に移したらしく、漢書の西域伝には『大宛国の王は、貴山に治す』とある。
以上フェルガーを舞台に展開した壮大な歴史の一片です。 未だ検証が完了していないといわれる、以下の遺蹟候補を巡 りながら、現地でそれぞれの歴史の推論をたててみましょう。
郁成城(Afsikat) 貳師城(Margilan,ErsiMingTepe,Markhu mat,Afsikent) 貴山城(Afsikent(Kasan)) 康居(Kanka)
豊かなフェルガーナ盆地を一周し,アンデイジャン,コーカン ドやナマンガンの歴史も尋ね、フェルガーナを満喫してまい りましょう。  (土谷遥子)

★★経験豊富な添乗員、叶谷真起子が同行いたします!添乗員の紹介はこちら★★

ご案内

◆国内航空券手配追加代金:実費にてお手配
◆ご自宅~成田空港間のスーツケース往復宅配サービス付き(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 成田(11:05予定) ⇒ タシケント(16:35予定)
昼 :成田よりウズベキスタン航空にてタシケントへ。
夕刻:タシケント到着後、バスにてホテルへ。
【タシケント泊】
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕○
2日目 唐代の仏教遺跡 カンカ遺跡とタシケントの博物館
午前: 漢代の都市遺跡と考えられるカンカ遺跡◎へ。紀元前 4 世紀末から12 世紀まで存在したタシケント・オアシスの最大・最古の遺跡です。
午後: ファヨーズ・テペ遺跡から出土したクシャーン朝の仏像を始めとしたコレクションをウズベキスタン国立博物館◎に見学し、クヴァで出土した 7世紀の仏像などをウズベキスタン美術館◎に鑑賞。
【タシケント泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
3日目 クヴァとエルシ=ミンテパの遺跡群 タシケント=アンディジャン
午前:列車にて一路、フェルガーナ盆地の東端にあるアンディジャンへ。(約5 時間半)
午後:到着後、大谷探検隊を始め、多くの探検隊がヨーロッパを発って到着したシルクロードの終着駅で、ここから馬車や乗馬に乗り換えてカシュガルへ向ったアンディジャン駅●を見学。フェルガーナ盆地で唯一発掘された唐代の密教の遺跡・クヴァの遺跡◎を見学。司馬遷の史記の中で、張騫が武帝の使節として訪れた大宛国の都と考えられる「汗血馬」の産地・貳師城ことエルシ(中世・ミンテパ)の遺跡◎を見学します。
【アンディジャン泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
4日目 アンディジャン市内見学 アンディジャン→ナマンガン
午前:?アンディジャン市内見学。マドラサ、モスク、ミナレットを含む巨大なジャーミー◎アンディジャン郷土博物館◎にて考古学の部門を見学し、ボギ・シャモル公園●などを訪れます。
午後:一路、バスにてウズベキスタ第二の都市ナマンガンへ。
【ナマンガン泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
5日目 アフシケントの遺跡 ナマンガン→フェルガーナ
午前: ナマンガンから約 20 キロ、二つの河の交わる要所に築かれ、大宛国の都で、もうひとつの「汗血馬」の産地とされるアフシケントの要塞都市遺跡◎を見学。
午後:一路、フェルガーナへ向います。途中、中央アジアきってのシルクの産地として知られるマルギランにてシルク工房●バザール●に立ち寄ります。
【フェルガーナ泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
6日目 コーカンド=ハン国 フェルガーナコーカンドフェルガーナ
午前:シルクロードの拠点とし、モンゴルやブハラ・ハン国の支配を受け、18 世紀にコーカンド・ハン国の都として栄えたコーカンドへ。美しいタイルで飾られたフダヤル・ハーン宮殿(歴史博物館)◎モダリ・ハン廟●など。
午後:緑の街フェルガーナ市内にフェルガーナ郷土歴史博物館◎中央市場●などを訪れます。
【フェルガーナ泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
7日目 フェルガーナ→タシケント(22:05予定)⇒
午前: 一路、タシケントに向います。
午後: 到着後、昼食の後、タシケント市内見学。街の中心ティムール広場●、かつて旧日本兵の強制労働で造ったナヴォイ・オペレ・バレエ劇場●、お土産をスパーマーケットにて。夜:夕食後、ウズベキスタン航空にて、帰国の途へ。
【機内泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
8日目 ⇒(09:55予定)成田
午前:成田到着後、解散。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
日数 6泊8日 食事条件 朝:6回 昼:6回 夕:7回
最少催行人数 12名様
添乗員 あり
全行程同行
利用航空会社 ウズベキスタン航空

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2019年05月14日(火) 帰着日2019年05月21日(火) 旅行代金【2人1室  368,000円】 状況キャンセル待ち 予約予約
旅行代金・その他に関するご案内
◆旅行代金に燃油サーチャーシ(目安額:10,000円相当)は含まれています。※旅行契約成立後に燃油サーチャージが増または減額、廃止されても増額分の追徴、ならびに廃止を含む減額分の払い戻しはありません。
◆空港施設使用料・旅客保安サービス料および現地空港税・国際観光旅客税目安額(約6,080円)が別途必要になります(12月1日現在)。※但し、今後の為替の変動などにより、増または減となる場合がございます。
◆子供料金(2才以上12歳未満):大人と同一
※一人部屋追加料金は個室を確保するための料金であり、グレードアップのための差額ではございまではございません。
●旅券残存有効期間:ウズベキスタン出国時3ヶ月以上 
●渡航情報(危険情報):「十分注意してください」が発出されています。(2018/8/1現在)
●イヤフォン・サービス/見学には専用イヤフォンを利用します。
お申込期限
※満席の場合でもお席がご用意できる可能性がございますので、お問い合わせください。

旅行条件についてはこちらの旅行条件書をご確認の上、印刷又はファイル保存して下さい。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<S2-7156-190000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661