海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
6日間

田中俊明氏同行 第四回 百済 前方後円墳を訪ねて

古代の韓国を歩く

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 成田空港
目的地 韓国
設定期間 2019年05月30日~2019年05月30日
ツアーコード S2-7141-190000
基本代金 ¥258,000~¥258,000(2人1室)

シリーズ「古代の韓国を歩く」の第4回目。今回は再度「百済」を取り上げ、南西部の全羅南道に、前方後円墳を中心に古墳群を訪ねます。韓国でも前方後円墳はこの地域しかなく、古代日本との関係を示し、現在でも二つの説(倭系百済人、または在地の首長)に分かれ、たいへん興味深い点であり、田中先生とこの地域に残る古墳を巡り、その謎を探ります。また、先史時代の支石墓や博物館を訪ねます。また、合わせて韓国料理にも詳しい田中先生が選んだ料理もお楽しみください。
韓国西南部の全羅南道一帯には前方後円墳が10基以上あります。ほかの地域では見つかっていません。前方後円墳は日本独特の古墳で、当然、これら韓国の前方後円墳にも倭 ・ 倭人の関わりが考えられます。およそ五世紀末から六世紀にかけての古墳で、その性格を考えるためには、その時期の、およびそれに至るこの地域の歴史的な発展、そして倭との関係などが検討されなければなりません。この地域は、馬韓諸国の一部であり、五世紀末まではそれが残っていました。百済がこの地域を完全に領土化していく過程で、在地の勢力と抗争しますが、前方後円墳はまさにそのことと関わりのあるもので、被葬者像も倭系百済人か在地首長とみるか、大きく対立しています。すでにほとんどの古墳が発掘され、状況もわかってきました。今回は、こうした古墳を訪ねながら、この地域に残る、支石墓や張保皐(張宝高)関連遺跡なども訪ね、全羅南道の文化総体を考えてみたいと思います。    (田中俊明)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 成田(10:35)⇒(13:05予定)釜山
関空(11:25)⇒(12:55予定)釜山
釜山→固城→光州

午前: 成田空港より日本航空にて、関西空港より大韓航空にて、釜山へ。
午後:着後、合流後、固城へ。5 世紀後半から 6 世紀前半と考えられる加耶の古墳・松鶴洞古墳群◎を訪れます。その出土品を固城博物館◎に見学し、光州へ向かいます。
夕食:オリタン(家鴨鍋)料理。
【光州泊】
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕○
2日目 《栄山江流域の古墳群》 光州→羅州→潘南→霊岩→月出山温泉
午前 : 一路、古代から全羅道南部地域の中心・羅州へ。馬韓の代表的な古墳で、栄山江北岸の江邊に形成された沖積平野にある古墳・伏岩里古墳群◎へ。その後、国立羅州文化財研究所◎、羅州多侍に三国時代栄山江流域大型甕棺の生産地と考えられる五良洞窯跡◎を訪れます。
昼食: 羅州コム湯(牛骨スープ)。
午後: 栄山江流域の考古学的資料を国立羅州博物館◎に見学し、三国時 代の古墳で日本の古代古墳文化にも影響を与えた大安里古墳群◎と百済が進出前の馬韓の土着勢力者の墓とされる新村里古墳群◎を見学し、霊岩へ。
墳丘が前方後円形をなす霊岩チャラボン古墳◎内洞里古墳◎、加耶地域の古墳と共通する構造をもつ沃野里古墳◎と見学し、月出山温泉へ。夕食:軟泡湯(いい蛸と野菜の鍋料理)。
【月出川温泉泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
3日目 《海南地区の古墳群と莞島・木浦の海上交易に絡む遺跡や出土品を》月出山→海南→莞島→木浦
午前 : 海南を訪れ、最も南端で本来は沿岸に面していたとも考えられる大規模な前方後円墳長鼓山古墳◎と墳丘の大部分は盛り土からなる前方後円形の龍頭里古墳◎を見学し、阿道和尚によって創建された名刹大興寺◎と見学します。

昼食:チャヂャン麺と酢豚。
午後 :莞島を訪れ、統一新羅時代に中国と日本の間での海上貿易の覇権を握り、繁栄を誇った清海鎮遺跡◎を見学し、かつて日本と中国の交易の中継基地として栄えた木浦へ。
国立海洋文化財研究所◎を見学。1975 年に発見され、約 20 年間の歳月を費やし科学的方法で保存・復元された「新安沈没船」は博物館の中でも一番の見どころ。
夕食:蛸料理(生蛸・刺身)。
された「新安沈没船」は博物館の中でも一番の見どころ。
夕食:蛸料理(生蛸・刺身)。
【木浦泊】

【木浦泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
4日目 《咸平と光州の古墳群》木浦→咸平鶴橋→咸平邑→咸平月也→光山→光州
午前 : 咸平に残る前方後円墳馬山里古墳群◎新徳古墳◎を見学し、周辺にある3 世紀~ 4 世紀築造の万家村古墳群◎も訪れます。
昼食 :?ユッケビビンバ。
午後 :?一路、光州へ。。市内に分布する前方後円墳へ。この地域の古墳の系譜ではなく突如出現したと考えられる明花洞古墳◎、複数の前方後円墳が並んで築造された唯一の月桂洞古墳◎と訪ね、全羅南道より出土した発掘品を蒐集する国立光州博物館◎へ。古墳関係の展示品を中心に見学します。
夕食 :カルビサル(焼肉)と冷麺。
【光州泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
5日目 《高敞郡の史跡と霊光の古墳群》 光州→高敞→霊光法聖→光州
終日 :高敞郡を訪れ、15 世紀に農民たちが造った城・高敞邑城◎(牟陽城)、先史時代の巨石で世界遺産・高敞支石墓◎、6 世紀に創建の古刹・禅雲寺◎を訪ね、霊光に向い、長鼓墳の 1 号墳と石室墳と見られる 2 号墳からなる月山里月桂古墳◎を見学し、光州へ戻ります。
昼食 :禅雲寺にてチャンオグイ(うなぎ焼き)。
 夕食 :?海鮮鍋。

【光州泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
6日目 光州→潭陽→釜山(14:05)⇒(16:10)成田/釜山 (17:10)⇒(18:30)関西
午前 :潭陽を訪れ、長方形と円形が繋がっている長鼓墳に似た声月里古墳◎斉月里古墳◎を見学し、一路、金海空港へ。
午後 : 金海空港より日本航空にて成田へ。
夕刻:大韓航空にて関西空港へ。※関西空港よりご参加のお客様は時間が許す限り、周辺の見学となります。
到着後、解散。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×

お知らせ


日数 5泊6日 食事条件 朝:9回 昼:5回 夕:11回
最少催行人数 12名様
添乗員 あり
全行程同行
利用航空会社 日本航空、大韓航空

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2019年05月30日(木) 帰着日2019年06月04日(火) 旅行代金【2人1室  258,000円】 状況催行決定 予約予約
旅行代金・その他に関するご案内
●最少催行人員:12名様
●子供料金(2歳以上12歳未満):大人と同一
●1人部屋追加代金について※追加代金は個室を確保するための代金であり、グレードアップのための差額ではありません。※相部屋ご希望の場合でも、お1人部屋利用追加代金を一旦申し受けます。
●利用予定航空会社:日本航空、大韓航空
●現地より参加の場合の旅行代金(釜山空港合流/離団)225,000円
●旅券残存有効期間:韓国入国時に3 ヶ月以上
●渡航情報(危険情報):発出されておりません(18/12/1現在)
●重い荷物を持たずに「らくらく集合&解散」。 スーツケース往復宅配サービス付 お一人様1個。
●イヤフォン・サービス/見学には専用イヤフォンを利用します。
お申込期限
※満席の場合でもお席がご用意できる可能性がございますので、お問い合わせください。

旅行条件についてはこちらの旅行条件書をご確認の上、印刷又はファイル保存して下さい。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<S2-7141-190000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661