海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
13日間

【朝日移動教室】 池田健二氏同行解説 ドイツ・ロマネスク探訪

ロマネスク探訪シリーズ

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 成田空港 または羽田空港
目的地 ドイツ
設定期間 2019年09月29日~2019年09月29日
ツアーコード S2-7118-190000
基本代金 ¥798,000~¥798,000(2人1室)

この旅ではドイツにある八つの世界遺産を訪れます。ロルシュ、シュパイアー、トリーア、ケルン、アーヘン、ヒルデスハイム、ゴスラー、クヴェドリンブルクです。ケルンの大聖堂以外は、すべてロマネスクの教会を核とする世界遺産で、ドイツもまたロマネスクの国であることを示しています。ドイツはロマネスク様式が発展する以前に、カロリング朝やオットー朝の文化が花開した場所です。この旅では、ロマネスク様式に加えて、カロリング様式やオットー様式の教会を巡り、ドイツならではの中世の建築と芸術の歴史をたどります。

《旅へのお誘い》
 ロマネスクは中世の11 ~12世紀にヨーロッパ全土で開花した芸術です。そうであるなら、ドイツではいったいどのようなロマネスク芸術が生まれたのでしょうか。フランス、スペイン、イタリアと比べてロマネスクの情報の少ないドイツですが、近年はドイツでも自国のロマネスク建築や芸術に対する関心が高まり、研究や整備も進んでいます。ドイツ・ロマネスクを巡る旅は今が“旬”なのかもしれません。
 ドイツのロマネスクは8世紀から12世紀にかけての歴史の中でその個性を育みました。8世紀末にフランク王国の支配者となってザクセンやバイエルンを束ねたカール大帝は、ローマ教皇との関係を深め、教会を帝国の統治に利用します。そのため、皇帝の空間である壮大な西構えや西内陣をもつ教会を各地に建設させました。このカロリング様式の教会がドイツ・ロマネスクの一つの基本となりました。10世紀になるとカールの血統が絶え、ザクセン大公が新たな権力者となります。オットー1世はカールと同じく皇帝としてドイツを支配しますが、統治の方法は変わらず、帝権を象徴する勇壮な西構えをもつオットー様式の教会を、ザクセンやフランケンに次々と建設させました。ドイツのロマネスクはこのオットー様式を取込みながら、12世紀に本格的な発展を見せます。この時代、ザリエル朝やホーエンシュタウフェン朝の皇帝たちは、ライン河畔の諸都市と連携し、そこに権力を誇示する堂々としたロマネスクの大聖堂を建設させたのでした。
 旅はラインラントから始まります。ロルシュやアーヘンのカロリング時代の貴重な遺構、シュパイアー、ヴォルムス、トリーアなどの壮大な12世紀の大聖堂、そしてケルンに残る多彩なロマネスクの諸教会。旅はヴェストファーレンへと北上し、ゾースト、パーダーボルンなどの個性的な西構えのロマネスク教会を巡り、宝物館で中世の工芸の美に触れます。そこから旅はザクセンに入り、ハルツ山地の周辺に点在するオットー様式やロマネスク様式の教会を訪ねます。ヒルデスハイム、ゴスラー、クヴェドリンブルクの三つの世界遺産の町や教会、そしてゲルンローデを訪れます。
 ドイツ・ロマネスクとは何か、その個性はいかなるものか、これが今回の旅で探求するテーマです。今年の秋、新たな発見に満ちた旅に、共に旅立つことを願っています。

池田 健二

  • ゲルンローデ

  • エクスターンシュタイネ

ご案内

◆国内航空券手配追加代金:名古屋・大阪・札幌・福岡 無料(但し当社指定便による。また、繁忙期は除きます。)※ご旅行お申し込み時と同時に、遅くともご出発の40日前までにお申し出ください。満席等の理由によりお席が確保できない場合もございます。ご回答はご出発の30日前前後となります。予めご了承ください。
◆重い荷物を持たずに「らくらく集合」 スーツケース往復宅配サービス(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 9月29日(日)
成田(10:35予定) ⇒パリ⇒ (19:10予定)フランクフルト
午前: 成田よりエールフランス航空にて、パリ乗り継ぎ、フランクフルトへ。
夜:到着後、専用バスにてマインツのホテルへ。
【マインツ泊】 2連泊  お食事は機内食となります。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
2日目 9月30日(月)
マインツ→ロルシュ→シュパイアー→リンブルク→ヴォルムス→マインツ
終日:マインツからラインの谷を南下し、ロルシュ修道院◎を見学。ドイツを代表するロマネスク建築シュパイアー大聖堂◎リンブルクの森に残る初期ロマネスクの修道院教会の遺構◎ヴォルムスのロマネスクの大聖堂◎を見学します。
【マインツ泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
3日目 10月1日(火)
マインツ→トリーア→マリア・ラーハ
終日:トリーアに入り、古代と中世の遺跡の数々を巡る。大聖堂◎宝物庫◎聖母教会◎司教座博物館◎皇帝コンスタンティヌスのバシリカ◎と見学し、マリア・ラーハへ。
【マリア・ラーハ泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
4日目 10月2日(水)
マリア・ラーハ→ボン郊外→ケルン
終日:マリア・ラーハ修道院◎を見学し、ボン郊外シュヴァルツ・ラインドルフ二重教会◎を訪れ、ケルン大聖堂◎ザンクト・マルティン◎ザンクト・ゲレオン◎の二つのロマネスク教会を見学します。
【ケルン泊】 2連泊
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
5日目 10月3日(木)
ケルン→アーヘン→ケルン
終日:アーヘンに移動し、大聖堂◎宝物館◎を鑑賞。ケルンに戻り、シュニットゲン美術館◎や、ザンクト・マリア・イム・カピトール◎ザンクト・パンタレオン◎ザンクト・アポステルン◎の三つの教会を巡ります。
【ケルン泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
6日目 10月4日(金)
ケルン→シュテーペル→ベルクハウゼン→ドリュクゲルター→ゾースト
終日:シュテーペル教会◎、続いてベルクハウゼンに残るのロマネスク教会◎を訪れ、ドリュクゲルター集中式小教会◎を見学し、中世の家並を残すゾーストへ。ザンクト・パトロクリ大聖堂◎と、隣接するザンクト・ペトリ教会◎を見学します。
【ゾースト泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
7日目 10月5日(土)
パーダーボルンゾース→フレッケンホルスト→パーダーボルン

終日:ゾーストエルヴィッテ◎リップシュタット◎の二つの教会を訪れ、フレッケンホルスト参事会教会◎を見学。パーダーボルンに入り、大聖堂◎を探訪します。
【パーダーボルン泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
8日目 10月6日(日)
パーダーボルン→エクスターンシュタイネ→コルヴァイ→ミンデン→イーデンセン→ヒルデスハイム
終日:エクスターンシュタイネの岩に刻まれたロマネスクの浮彫◎を見学。コルヴァイ旧修道院教会◎を訪れ、ミンデン大聖堂◎を訪問。イーデンセン教会◎にロマネスク壁画を鑑賞し、ヒルデスハイムへ。
【ヒルデスハイム泊】 2連泊
宿泊  
食事 朝×  昼○  夕○
9日目 10月7日(月)
ヒルデスハイム→ゴスラー→バート・ガンダースハイム→ヒルデスハイム
終日:ヒルデスハイムにてザンクト・ミヒャエル教会◎大聖堂◎を見学。ゴスラーを訪ね、中世の家並が続く旧市街を散策。バート・ガンダースハイムに移動し、大聖堂◎を見学します。
【ヒルデスハイム泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
10日目 10月8日(火)
ヒルデスハイム→ブラウンシュヴァイク→ケーニヒスルター→ハーメースレーベン→ハルバーシュタット→クヴェトリンブルク
終日:ブラウンシュヴァイクを訪れ、ロマネスクの大聖堂◎を見学。続いて、ケーニヒスルッター修道院教会◎ハーメースレーベン参事会教会◎ハル バーシュタット参事会教会◎を訪ねます。
【クヴェトリンブルク泊】 2連泊
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
11日目 10月9日(水)
クヴェトリンブルク→ゲルンローデ→フローゼ→クヴェトリンブルク
終日:クヴェドリンブルクザンクト・セルヴァティウス教会◎を訪れ、ザンクト・ヴィペルト教会◎を訪問。ゲルンローデザンクト・ツィリアクス教会◎でロマネスクの回廊を巡り、その後、フローゼ参事会教会◎を見学します。
【クヴェトリンブルク泊】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
12日目 10月10日(木)
クヴェトリンブルク→フルダ→フランクフルト(19:50予定)⇒ パリ⇒
終日:クヴェドリンブルクよりフルダへ。ザンクト・ミヒャエル教会◎を見学します。
午後:フランクフルトの空港へ。
夜:エールフランス航空にて、パリにて乗り継ぎ、帰国の途へ。
【機内泊】  お夕食は機内食となります。
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
13日目 10月11日(金)
⇒ (18:25予定)羽田
夕刻:羽田到着後、解散。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×

お知らせ

※航空機発着時刻は、4月1日現在のエールフランス航空のスケジュールを基本としています。航空会社のスケジュール変更などにより、発着時刻が変更になる場合があります。また、羽田発着となることもございます。
※見学予定の大聖堂や教会が宗教行事や修復のため閉まることがあります。
※◎表記の見学地は入場観光、●は下車観光でのご案内となります。

日数 11泊13日 食事条件 朝:11回 昼:11回 夕:10回
最少催行人数 12名様
添乗員 あり
全行程同行
利用航空会社 エールフランス航空、未指定、未指定
  • パーダーボルン大聖堂

  • ヒルデスハイム ザンクト・ミヒャエル教会

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2019年09月29日(日) 帰着日2019年10月11日(金) 旅行代金【2人1室  798,000円】 状況受付中 予約予約
旅行代金・その他に関するご案内
旅行代金に燃油サーチャージ約20,600円を含みます。旅行契約成立後に燃油サーチャージが増または減額、廃止されても増額分の追徴ならびに廃止を含む減額分の払い戻しはありません。
成田または羽田空港施設使用料・保安税および現地空港諸税・国際観光客税(日本円目安額18,300円)が別途必要になります。(19年4月1日現在) ※但し、今後の為替変動などにより、増または減となる場合があります。予めご了承ください。
◆子供代金(2才以上12歳未満):大人と同一
一人部屋追加代金:118,000円(ダブルのみ)
※相部屋ご希望の場合でも、お一人部屋代金を一旦申し受けます。最終的に同性の相部屋ご希望の方がなく、お一人部屋利用となった場合、お一人部屋追加代金を申し受けます。同室になった場合に限り、お一人部屋追加代金をご返金致します。
◆往復ビジネスクラス利用追加代金:380,000円
◆往復プレミアムエコノミークラス利用追加代金:190,000円
◆現地より参加の場合の旅行代金(マインツのホテル合流/フランクフルト空港離団)630,000円

◆定員:18名様 ◆最少催行人員:12名様
◆利用予定航空会社:エールフランス航空
◆国内航空券手配追加代金(航空機以外の交通機関の運賃は除きます)大阪・名古屋・福岡・札幌無料(但し当社指定便による。また繁忙期は除きます。)
※満席等の理由によりお席が確保できない場合もございます。ご回答は出発の30日前前後となります。
◆重い荷物を持たずに「らくらく集合&解散」。 スーツケース往復宅配サービス付 お一人様1個。
◆イヤフォン・サービス/見学には専用イヤフォンを利用します。ツケース往復宅配サービス付 お一人様1個。
お申込期限
渡航情報(危険情報):発出されておりません。(2019年4月1日現在)
★旅券残存有効期間/ドイツ出国時3ヵ月以上。(シェンゲン協定加盟国)
★日本国籍の方は査証不要
★査証関連情報は外務省海外安全ホームページの安全対策基礎データでもご参照いただけます。
※満席の場合でもお席がご用意できる可能性がございますので、お問い合わせください。

旅行条件についてはこちらの旅行条件書をご確認の上、印刷又はファイル保存して下さい。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<S2-7118-190000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661