海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
8日間

大内 尚樹氏 (登山家・植物学者) 同行
アンコール遺跡と熱帯植物の秘密に迫る

NEW シェムリアップに5連泊し、遺跡を覆い尽くす植物を観察!

出発地
目的地 カンボジア
設定期間 2018年02月16日~2018年02月16日
ツアーコード S2-1945-170000
基本代金 ¥298,000~¥298,000(2人1室)

<<大内先生よりメッセージ>>
【遺跡を覆い尽くす熱帯植物の秘密】アンコールワットを始めとするカンボジアの仏教遺跡群は、世界遺産としてよく知られていますが、実は、<榕樹>に代表される熱帯植物による破滅の危機に晒されています。
今回はその代表ともいえるべきタ・プローム遺跡を始め、多くの遺跡を訪ね、そこに侵入した熱帯植物の性格や特性を探り、同時に睡蓮やホテイアオイなど、東南アジア原産の水生植物、イヌビワ類やヤシ類、サトイモ科やショウガ科など熱帯雨林を構成する植物を巡ります。赤道に近い当地は雨季と乾季に分かれ、2月は乾季。日本は厳寒で冬枯れですが、熱帯ではこの時期でも花が咲いています。避寒を兼ね、仏教遺跡を覆う植物の秘密を探ってみましょう。
大内 尚樹(登山家・植物学者)


★気候と服装について★
<気 候>カンボジアの季節は乾季と雨季の2つに分けられます。2月はほとんど雨が降らず、観光に適したシーズンですが、日中は35度以上になることもございます。
<服 装>風通しの良い服装をお勧めします。こまめに水分をとってください。歩きやすい靴をご用意ください。

カンボジア王国 3 か所目!世界遺産登録!!サンボー・プレイ・クック遺跡群
2 0 1 7 年 7 月 1 0 日 、ユ ネ ス コ(UNESCO)の世界遺産委員会で、サンボー・プレイ・クック遺跡群が新たに世界文化遺産に登録されることが決まりました!
カンボジア国内の世界遺産は「アンコール遺跡群」、「プリア・ヴィヘア寺院」に次いで3ヶ所目となり、カンボジア国内で現存する最古の遺跡群となります。(アンコール王朝の前の遺跡です)

  • 数多くの自然が残るレアム国立公園

  • 大内先生

ご案内

◆国内航空券手配追加代金(片道):特定運賃の設定はございません。
◆ご自宅~成田空港間のスーツケース往復宅配サービス付き(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 成田(09:30予定)⇒ホーチミン⇒(17:30予定)シェムリアップ
午前:成田よりベトナム航空(予定)にてホーチミン乗り継ぎ、アンコール・ワット遺跡の拠点となるシェムリアップへ。(ハノイ乗り継ぎとなる場合があります。)
【シェムリアップ】
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕○
2日目 シェムリアップ→アンコール・トム→アンコール・ワット→シェムリアップ
午前:クメール王朝で最も繁栄した時代に造営された「巨大な都城」アンコール・トム◎を見学します。南大門◎、四面に観世音菩薩が彫られたバイヨン寺院◎象のテラス●などを巡ります。

午後:「天空の楽園」アンコール・ワット◎を見学します。修復中の西参道●や、かつての栄華を偲ばせる壮大な建築、回廊の精緻なレリーフは見逃せません。また、堀にて蓮を中心に水生植物を観察します。
【シェムリアップ】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
3日目 〈天空の遺跡プリア・ヴィヘア寺院へ〉
シェムリアップ→プリア・ヴィヘア→シェムリアップ
終日:タイとカンボジア国境に位置する天空の遺跡プリア・ヴィヘアへ。山岳寺院プリア・ヴィヘア◎を見学します。山上から熱帯雨林の樹冠を観察します。
【シェムリアップ】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
4日目 〈「女の砦」バンテアイ・クデイとアンコール遺跡群をめぐる!〉
シェムリアップ→バンテアイ・スレイ→タ・プローム→プリアカン→シェムリアップ
午前:大部分が赤い砂岩により建造されている女の砦を意味するバンテアイ・スレイ◎へ。その後、上智大学アンコール遺跡国際調査団により、274体の廃仏や千体仏石柱が発掘された「僧房の砦」という意味のバンテアイ・クデイ◎を見学します。
午後:発掘当時のままの状態で熱帯
の樹木が遺跡を覆うタ・プローム遺跡◎や、病を治すヒマラヤの神泉を模した遺跡ニャック・ポアン◎、「聖なる剣」という意味を持つプリアカン寺院◎、「王の沐浴池」とも称され、最近では朝日・夕日鑑賞のスポットとしても話題のスラ・スラン◎へ。

【シェムリアップ】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
5日目 〈世界遺産サンボー・プレイ・クックと熱帯樹の茂るベーン・メリア遺跡〉
シェムリアップ→サンボー・プレイ・クック→ベーン・メリア→シェムリアップ
午前:およそ1400年の歴史をもち、かつて真臘の都だったサンボー・プレイクック◎を見学し、ベーン・メリア遺跡◎へ。アンコール・ワットから東へ約40km、現在も修復が施されず、森の中にひっそりと眠る巨大寺院を見学します。
【シェムリアップ】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
6日目 シェムリアップ→プノン・クーレン→クバールスピエン⇒プノンペン
午前:アンコール発祥の地とも言われるプノン・クーレン◎を訪れた後、聖なるシェムリアップ川中にあるクバールスピエン遺跡◎を見学。川辺のジャングルを構成する熱帯植物を観察します。
午後:ベトナム航空国際線にて、プノンペンへ。
【プノンペン】
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
7日目 プノンペン→レアム国立公園→プノンペン(21:10予定)⇒ホーチミン⇒
午前:多くの鳥類が生息し、1993年に保護区として指定されたレアム国立公園◎へ。(片道約220km)ヤシ類やショウガなど海辺の熱帯植物を観察します。
夜 :夕食後、空港へ。プノンペンよりベトナム航空(予定)にてホーチミン乗り継ぎ、帰国の途へ。(ハノイ乗り継ぎとなる場合があります。)
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
8日目 ⇒(07:45予定)成田
朝 :成田到着後、解散。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
日数 6泊8日 食事条件 朝:6回 昼:6回 夕:7回
最少催行人数 8名様
添乗員 あり
全行程同行
利用航空会社 ベトナム航空
  • 天空の遺跡プリア・ヴィヘア

  • 南大門(アンコール・トム)

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況
出発日2018年02月16日(金) 帰着日2018年02月23日(金) 旅行代金【2人1室  298,000円】 状況受付中
旅行代金・その他に関するご案内
◆旅行代金に燃油サーチャージ(8,000円)は含まれています。※旅行契約成立後に燃油サーチャージが増または減額、廃止されても増額分の追徴、ならびに廃止を含む減額分の払い戻しはありません。
◆空港施設使用料・旅客保安サービス料および現地空港税(約5,340円)が別途必要になります(9月1日現在)。※但し、今後の為替の変動などにより、増または減となる場合がございます。
◆子供料金(2才以上12歳未満):大人と同一※一人部屋追加料金は個室を確保するための料金であり、グレードアップのための差額ではございまではございません。
※ビジネスクラス利用はいずれも成田~ホーチミン間のみ適用となります(ベトナム航空)
◆外務省渡航情報(危険情報):「十分注意してください」がカンボジア全土に発出されています。(17年9月現在)
◆日本国籍のカンボジア査証要
 ○旅券残存有効期間:査証申請時6ヶ月以上(17年9月現在)
 ○査証実費:4,000円
 ○取得手数料が別途必要となります。
 ○カラー写真1枚(4.5cm×3.5cm)※実費等は変動することがあります。
■本コース出発日より30日以前にベトナムに入国された方はベトナム査証の取
得が必要になります。詳細はお問合せください。
証申請時6ヶ月以上(17年9月現在)
お申込期限
※満席の場合でもお席がご用意できる可能性がございますので、お問い合わせください。

旅行条件についてはこちらの旅行条件書をご確認の上、印刷又はファイル保存して下さい。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<S2-1945-170000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661