海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
18日間

【催行決定!内田美幸添乗員同行!】全3回シリーズ
サンチャゴ巡礼路を全踏破【第3回】

(ハイキングレベル5)全行程貸切バスを伴走!!
ラヴァナル・デル・カミーノからサンティアゴまで241.4Km

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 関西空港
目的地 スペイン
設定期間 2019年05月15日~2019年10月16日
ツアーコード K2-4539-190023
基本代金 ¥678,000~¥678,000(2人1室)

~企画者より~
いよいよ、このシリーズも今回で最終回を迎えます。第3回は前回の歩き終わりのラヴァナル・デル・カミーノから、サンチャゴ・デ・コンポステーラまでの241.4kmを歩きます。実際に歩く日は13日間で1日の歩行距離は約16~24km。また今回はおまけとして、フィステラ岬までの3kmを歩きます。トータルの歩行距離は244.4kmになります。今回も宿泊は2~3連泊のゆったりと滞在して頂ける行程としました。さらに、全行程貸切バスを伴走させます(常に伴走できる訳ではありませんが、1日に数回バスと合流が可能です。)ので、ご自分の体力、脚力 に合わせて安心してお歩き頂けます。今までは個人旅行でしか、実現が難しかったサンチャゴ巡礼路踏破の旅に思い切ってご参加してみませんか?

『全踏破のお祝いに!』ボタフメイロ(香振りの儀式)体験!
弊社ツアーのお客様の為にボタフメイロの儀式を行います。ボタフメイロとは80kg以上もある巨大なお香の壷を大聖堂の天井から吊るし、振り子のように振る儀式の事で、この儀式を受けてこそサンチャゴ巡礼は完結すると言っても過言ではないでしょう。
※2019年1~6月は教会内部の改修工事の予定のため、行われない場合がありますので、予めご了承ください。

~へステラ岬~
この岬は地の果て(El Finis erre)という意味でスペインの北西岸にあり、聖ヤコブの伝説が残る地としても有名です。巡礼を終えた人達が、本当の意味で訪れるサンチャゴ巡礼路の最終地点となっており、近年では巡礼者が旅の終わりに、服またはブーツを燃やすという面白い習慣があるそうです。

*******************************************************************
巡礼中のトイレや昼食などでよく立ち寄るバール。名物バールも多くあり、巡礼者の憩いの場や情報交換の場としても強い味方です。また夜には一杯飲み屋として、タパスやピンチョスなどを肴にバールの梯子も楽しい思い出となるでしょう。
*****************************************************************



  • 巡礼路最後の難関・セブレイロ峠越え

  • フィニステ岬

ご案内

◆国内航空券手配追加代金: 大阪・名古屋・福岡・札幌⇔東京間/福岡・札幌⇔大阪間 無料
※但し、当社指定便に限ります。また、繁忙期は除きます。
※満席等の理由によりお席が確保できない場合もございます。ご回答は出発の30日前後となります。予めご了承ください。
◆ご自宅~成田または関西空港間のお荷物無料配送サービス付き。(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 関西空港(午前予定) ⇒ アムステルダム ⇒ (夜予定)マドリード
午前:KLM航空(予定)にてアムステルダム乗り継ぎ、スペインの首都マドリードへ。
深夜:着後、ホテルへ。
「マドリード泊」
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
2日目 マドリード → ラヴァナル・デル・カミーノ(1100m) ・・・ クルス・デ・フェーロ(鉄の十字架)(1504m) 【歩行距離:約7.4km】
終日:マドリードからラヴァナル・デル・カミーノへ。2日かけて巡礼路中最高所のイラゴ峠越えにのぞみます。初日は足慣らしも兼ねて短めの距離を『鉄の十字架』まで。巡礼達が祈りを込めて積んだ石が小山のようになった上に大きな十字架が立つところです。
「アストルガ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
3日目 クルス・デ・フェーロ(鉄の十字架)(1504m) ・・・ エル・アセボ村(1150m) ・・・ モリナセカ(590m) 【歩行距離:約17.6km】
終日:イラゴ峠越え2日目は、『鉄の十字架』からヒースやエニシダの花が咲く中、唯一のアルベルゲのあるマンハリンへ。その後はモリナセカまで標高差900mを一気に下ります。途中、木曽の宿場町を思わせるようなエル・アセボ村でのバル休憩も楽しみです。
「ポンフェラーダ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
4日目 モリナセカ(590m) ・・・ ポンフェラーダ(541m) ・・・ カカベロス(485m)}【歩行距離・約23.5km】
終日:ワインの産地ビエルゾ県に入り、巡礼路もブドウ畑の中をアップダウンしながらやがてポンフェラーダの大きな町へ。ここはテンプル騎士団が建設した豪壮な城が残るところです。シル川を渡って街を出た後はカカベロスへ。パラドールに3連泊します。
「ヴィジャフランカ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
5日目 カカベロス(485m) ・・・ ヴィジャフランカ・デル・ビエルソ(530m) ・・・ ヴェガ・デ・ヴァルカルセ(627m)【歩行距離:約23.9km】
終日:ブドウ畑の丘陵が続く中、中世に宿場町として繁栄したヴィジャフランカへ。。街の入り口のサンティアゴ教会には、サンティアゴの大聖堂と同じだけの恩寵を受けることができるとされた『赦しの門』があります。街を抜けたあとはヴィルカルセル川に沿ってセブレイロ峠への登りが始まる手前ヴェガ・デ・ヴァルカルセまで歩きます。
「ヴィジャフランカ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
6日目 ヴェガ・デ・ヴァルカルセ(627m) ・・・ セブレイロ峠(1306m) ・・・ リニャーレス(1240m) 【歩行距離:約15.8km】
終日:巡礼路最後の難所として巡礼を苦しめてきたセブレイロ峠へ。栗の林、つづら折りの道などゆっくり登っていくといつの間にか展望の良い尾根道に出ます。州境を超えガリシア州に入ればセブレイロ村はすぐ先。奇跡を起こした聖杯を納めるサンタ・マリア・ラ・レアル教会で道中の無事を祈り、がんばってリニャーレス村まで歩きます。
「ヴィジャフランカ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
7日目 リニャーレス(1240m) ・・・ ポイオ峠(1337m) ・・・ トリアカステラ(660m) ・・・ サン・クリストヴォ・デ・レアル(594m)【歩行距離:約20.6km】
終日:ガリシア州の緑豊かなパノラマ風景を楽しみながらポイオ峠へ。。峠のバルで一休みしたら、中世の巡礼が採石場からそれぞれ石を一つ、約90km先のカスタニェーダまで運んだというトリアカステラへ。。町を過ぎたところで分岐を右に進み、今日はサン・クリストヴォ村まで。
「サリーア泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
8日目 サン・クリストヴォ・デ・レアル(594m) ・・・ サモス(532m) ・・・ サリーア(440m)(歩行距離・約18.2km】
終日:サン・クリストヴォ村からオリビオ谷に沿って小さな村をいくつか通り、かつて学術文化の中心として栄えたイラゴ峠越えにのぞみます。初日は足慣らしも兼ねて短めの距離をサモスの大修道院に。サモスからはアヤン経由の幹線道路沿いルートでサリーアへ向かいます。
「サリーア泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
9日目 サリーア(440m) ・・・ ブレア(670m) ・・・ ポルトマリン(350m)【歩行距離・約21.6km】
終日:サリーアの街から登りの道で森を抜けるとバルバデーロ谷。そこから小さな村をいくつかたどってブレア村に。ここはサンティアゴからの距離がちょうど100km!になる地点です。さらに緑豊かな牧畜地や森を進めば、ゴールのプルトマリの白い町がミーニョ川越しにぽっかりと浮かび上がってきます。
「サリーア泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
10日目 ポルトマリン(350m) ・・・ ヴェンタス・デ・ナロン(700m) ・・・ レステド(552m)【歩行距離:約20.0km】
終日:ポルトマリンから再びミーニョ川を渡り、ガリシア州独特の高床式穀物倉庫オレオのある村を通りながらヴェンタス村までゆっくりの登っていきます。道中のラメイロスの十字架のふもとで一息ついたら、もうあとひとがんばり、昔懐かしい共同洗濯場が残るレステド村まで歩きます。
「パーラス・デ・レイまたは近郊泊泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
11日目 レステド(552m)Cパーラス・デ・レイ(565m) ・・・ レボレイロ(440m) ・・・ メリーデ(455m)【歩行距離:約19.6km】
終日:レステドからパーラス・デ・レイの町へ。その後ロマネスクの教会のある可愛らしい村や森を抜けたり、中世からの石橋を渡ったりしてメリーデの町まで歩きます。。歩き終わったら蛸専門店プルぺリアで、メリーデ名物の茹で蛸をぜひ!ガリシア州の白ワインとの相性もばっちりです。
「パーラス・デ・レイまたは近郊泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
12日目 メリーデ(455m) ・・・ リヴァディソ(300m) ・・・ アルスーア(390m) ・・・ プレグントーニョ(355m) 【歩行距離:約16.4km】
終日:全体に大きくアップダウンのあるルートです。森の中の無人のフルーツ販売所で季節の美味しいものを手に入れた り、牛がのんびり草をはむ牧草地を通り抜けたりして、チーズの名産地アルスーアへ。今日はもう少し先のプレグントーニョまで歩きます。
「オピーノ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
13日目 ポルトマリン(350m) ・・・ ヴェンタス・デ・ナロン(700m) ・・・ レステド(552m)【歩行距離:約20.8km】
プレグントーニョから森や牧草地、小さな村を過ぎエンパルメへ。そこからは下り道、ユーカリの森を抜けアメナルまで歩きます。
「オピーノ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
14日目 アメナル(251m) ・・・ モンテ・デル・ゴゾ(ゴゾの丘)(370m) ・・・ サンチャゴ・デ・コンポステーラ(260m)【歩行距離:約16.0km】
終日:今日は巡礼ハイキング最終日。距離は短めですが大きく起伏があるルートを、ゴールのサンティエゴ大聖堂を目指して歩きます。到着後、巡礼事務所でコンポステラーノ(巡礼証明書)も拝受します。パラドールに2連泊します。
★夕食はパラドールにて。巡礼完了を祝い皆で乾杯しましょう。
「サンチャゴ・コステンポーラ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
15日目 サンチャゴ・コステンポーラ滞在
午前:市内観光(カテドラル◎、アバストス市場◎フランコ通り、ライニャ通り)後、12時から巡礼おためのミサに参加します。
午後:フリータイム、旧市街のお散歩などゆっくりお過ごしください。
「サンチャゴ・コステンポーラ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕○
16日目 サンチャゴ・コステンポーラ = フィステラ岬 = サンチャゴ・デ・コンポステーラ ⇒ マドリード ⇒
午前:今日は巡礼締めくくりのハイキングです。まずフィステラの港街へ。そこから大西洋を望みながら、『地の果て』と呼ばれるフィステラ岬の約3㌔まで歩きます。
昼食:ペルセベス(亀の手)などガリシア名物のシーフードを。
夕刻:または夜:国内線にてマドリードへ。
「マドリード泊」
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
17日目 マドリード(午前) ⇒ アムステルダム ⇒
午前:KLMオランダ航空(予定)にてアムステルダム乗り継ぎ、帰国の途へ。
「機内泊」
宿泊  
食事 朝○  昼×  夕×
18日目 ⇒ (午前)関西
午前:関西空港到着後、解散。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×

お知らせ

※現地情報、交通事情、天候などの問題から上記日程に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。
※上記日程は、発着時刻・経由地・宿泊地が変更になる場合があります。予めご了承ください。
※田舎のホテルが多いため、朝食がコンチネンタルになったり、ポーターがいないなどの点やシャワーのみとなる場合や部屋数の問題でダブルのお部屋がご用意できない場合もございますので、予めご了承下さい。
※記載の歩行時間および歩行距離はあくまで目安となります。歩行時間に休憩時間や昼食時間は含まれておりません。天候やお客様の脚力により大幅に変更になる場合もありますことを予めご了承ください。
※入場観光は◎、下車観光は●、その他は車窓観光となりま す。

日数 16泊18日 食事条件 朝:16回 昼:1回 夕:11回
最少催行人数 10名様
限定15名様前後
添乗員 あり
※関空発着で同行いたします。
利用航空会社 エールフランス航空、フィンランド航空、KLMオランダ航空、ルフトハンザ ドイツ航空
  • ゴゾの丘から初めて見えるサンチャゴの町

  • リヴァディソの古いローマ橋( イメージ)

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2019年05月15日(水) 帰着日2019年06月01日(土) 旅行代金【2人1室  678,000円】 状況催行決定 予約予約
出発日2019年10月16日(水) 帰着日2019年11月02日(土) 旅行代金【2人1室  678,000円】 状況受付中 予約予約
旅行代金・その他に関するご案内
◆旅行代金に燃油サーチャージ36,500円は含まれています。旅行契約成立後に燃油サーチャージが増または減額、廃止されても増額分の追徴ならびに廃止を含む減額分の払い戻しはありません。
◆成田または関西空港施設利用料・保安税および現地空港税目安額約14,050円が別途必要になります。(18年10月1日現在)※但し、今後の為替の変動などにより、増または減となる場合があります。予めご了承ください。
◆1人部屋利用追加代金(ダブル):119,000円
◆1人部屋利用追加代金について※追加代金は個室を確保するための料金でありグレードアップのための代金ではありません。※本コースは相部屋受付が可能なコースとなります。
◆ビジネスクラス利用追加代金(関西~アムステルダム間往復):340,000円
◆旅券残存有効期間:スペイン出国時3ヶ月以上。(18年11月現在)
◆日本国籍の観光査証:不要
◆渡航情報(危険情報):発出されておりません。(18年10月現在)
お申込期限

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<K2-4539-190023>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661