海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
10日間

北インド探訪 ヒマラヤの避暑地シムラからシク教の聖地アムリトサルへ

こだわり コルビュジェの街チャンディガル、世界遺産の登山鉄道にも全線乗車

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 関西空港
目的地 インド
設定期間 2019年11月05日~2020年03月10日
ツアーコード K2-1301-190000
基本代金 ¥348,000~¥348,000(2人1室)

●ヒマーチャル・プラデーシュからパンジャブへ
~チベット仏教とシク教、多様なインドを体感!~

世界第7位の広さを持つ国土に世界第2位という人口を抱える大国インド、特に宗教は人口の多数を占めるヒンドゥー教を筆頭にイスラム教やキリスト教も信仰される他、仏教が誕生したのもインドであり「宗教の国」とも呼ばれています。
今回は、ダライ・ラマ14世が亡命政府を樹立して以降チベット仏教文化の拠点となっているダラムサラと、インドの宗教人口としては1%ほどながらターバンと顎鬚という日本人が思い描く「インド人」のイメージを持つシク教徒の聖地アムリトサルをご案内します。

●2つの世界遺産を訪問
ル・コルビュジェの建築作品(チャンディガル)
スイスの建築家ル・コルビュジェがインド高官の依頼で手掛けた都市計画によって産み出された建築群。格子状の規則正しい区画に商業地区や行政地区などを配置し、街全体が彼の作品とも言える建築史に残る地域。
山岳鉄道群(カルカ=シムラ鉄道)
1903年の英国統治時代に、夏の首都シムラへの交通の便のために開設。総延長約100km、標高差1,420mを103ヶ所のトンネルと864ヶ所の橋で結び、レール幅の狭い「トイ・トレイン」としても知られています。


チベット仏教継承の地ダラムサラ
中国人民解放軍がチベットを制圧したチベット動乱によってラサを追われたダライラマ14世に対し、インド政府は標高約2,000mのダラムサラの一角にあった避暑地「マクロード・ガンジ」地区を提供、1960年にチベット亡命政府が樹立しました。もともとヒンドゥー教とともに仏教が信仰されていた土地で、数万のチベット難民も移住した現在はチベット文化継承の地となっています。

シク教の総本山アムリトサル
サンスクリット語の「弟子」を意味するシシュヤに由来するシク教は、グル・ナーナク(1469~1539年)によって啓かれました。イスラムの影響を受けながらヒンドゥー教を改革し、カースト制度を否定した人間の平等を唱えます。頭髪や髭を切らない掟を持つため、人口比率では少数ながらその特徴的なスタイルが存在感を放っています。

  • チベット寺院で行われている問答修行

  • ターバンと顎髭が特徴的です

ご案内

◆国内航空券手配追加代金:実費にて手配いたします。
ご自宅~関西空港間のお荷物無料配送サービス付き。(お一人様につき1個)

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 関西(14:10予定) ⇒ (21:20予定)デリー

午後:関西空港よりエア・インディア(予定)にて、香港経由デリーへ。
夜 :到着後、専用車にてホテルへご案内致します。
「デリー泊」
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×
2日目 デリー ⇒ チャンディガル

午前:国内線にてチャンディガルへ。
午後:2016年に日本の国立西洋美術館などと共に世界遺産に登録された、建築家ル・コルビュジェ設計の高等裁判所や議事堂などの建築群キャピトル・コンプレックス●や市民の憩いの場スクナ湖●、インドのアーティストが廃材を利用して造ったオブジェが園内に置かれたユニークな公園ロックガーデン◎などをご案内します。
「チャンディガル泊」
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
3日目 チャンディガル → カルカ = シムラ

午前:郊外にあるカルカ駅へ。
午後:標高差約1,400mをトイ・トレインと呼ばれる小さな客車が登るカルカ=シムラ鉄道でシムラへ、インドの山岳鉄道群のひとつとして世界遺産に登録されている路線を全線乗車します。
「シムラ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
4日目 シムラ滞在

午前シムラの観光。旧総督府◎英国教会●など、英国統治時代に夏の首都として栄えた街を散策します。
午後:自由行動。ダージリンやムスーリーと並ぶ北インド三大避暑地のひとつとして知られる高原のリゾート地での休日をお楽しみ下さい。
「シムラ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
5日目 シムラ → ダラムサラ

終日:チベット亡命政府樹立以降、チベット仏教文化の拠点となっているダラムサラへ向かいます。
「ダラムサラ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
6日目 ダラムサラ滞在

終日ダラムサラの観光。ダライ・ラマ公邸の正面に位置するチベット仏教ゲルク派の総本山ナムギャル僧院◎、チベット文化の保存と発展を目指すノルブリンカ芸術文化研究所◎などをご案内します。
「ダラムサラ泊」
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
7日目 ダラムサラ → アムリトサル

終日:パンジャブ州最大の都市でシク教徒の聖地アムリトサルへ向かいます。
「アムリトサル泊」
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
8日目 アムリトサル滞在

終日アムリトサルの観光。シク教の総本山黄金寺院◎や、インド独立運動中の悲劇「アムリトサルの大虐殺」の現場に造られたジャリアーンワーラー庭園◎などをご案内します。また、パキスタンとの国境ワガで行われるフラッグセレモニー●も見学。両国の国境警備隊が行進する中を双方の国歌や掛け声が応援合戦の様に行われます。
「アムリトサル泊」
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕○
9日目 アムリトサル(19:10予定) ⇒ デリー ⇒

終日:出発までアムリトサルの滞在をお楽しみ下さい。ご希望の方は、早朝の黄金寺院へご案内します。ホテルのお部屋は夕方の空港出発時までお使いいただけます。
:エア・インディア(予定)にてデリーへ戻り、香港経由で帰国の途へ。
「機内泊」
宿泊  
食事 朝○  昼○  夕×
10日目 ⇒ (12:40予定)関空

午後:関西空港到着後、解散。お疲れ様でした。
宿泊  
食事 朝×  昼×  夕×

お知らせ

※現地情報、交通事情、天候などの問題から上記日程に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。
※上記日程はエアインディアを利用した場合の出発/到着時刻となります。他航空会社利用時は、発着時刻・経由地・宿泊地 が変更になる場合があります。予めご了承ください。
※入場観光は◎、下車観光は●、その他は車窓観光となります。
※写真はすべてイメージとなり、特記がない場合はすべて弊社添乗員撮影および現地手配会社提供となります。

類似ツアーのご案内

日数 8泊10日 食事条件 朝:8回 昼:8回 夕:7回
機内食を除きます。
最少催行人数 10名様
定員20名様前後
添乗員 あり
関西空港発着で同行します
利用航空会社 エアインディア、全日本空輸、日本航空
  • 小さなトイトレインが急勾配を登るカルカ=シムラー鉄道

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2020年03月10日(火) 帰着日2020年03月19日(木) 旅行代金【2人1室  348,000円】 状況受付中 予約予約
旅行代金・その他に関するご案内
◆燃油サーチャージ(約12,900円)が別途必要となります。(19年6月1日現在)
◆関西空港施設使用料・旅客保安税および現地空港諸税・国際観光旅客税目安額9,800円が別途必要になります。(19年6月1日現在)
※但し、今後の為替の変動などにより、増または減となる場合があります。予めご了承ください。
◆1人部屋利用追加代金(シングル):95,000円
◆1人部屋利用追加代金について
※追加代金は個室を確保するための代金でありグレードアップのための代金ではありません。
※相部屋ご希望の場合でもお一人部屋代金を申し受けます。最終的に同性の相部屋ご希望の方がおらず1人部屋利用となった場合追加代金を申し受けます。同室になった場合に限り、一人部屋追加代金をご返金いたします。
◆ビジネスクラスはお問い合わせ下さい。
◆旅券残存有効期間:インド査証申請時6ヶ月以上(19年6月現在)
◆インドの入国査証が必要となります
○査証実費:1,550円 ○手続き手数料が別途必要です ○写真:1枚(縦5cm×横5cm)
◆渡航情報(危険情報):「十分注意して下さい」が発出されています((19年6月現在)
お申込期限

旅行条件についてはこちらの旅行条件書をご確認の上、印刷又はファイル保存して下さい。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<K2-1301-190000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661