海外旅行のお問合わせ海外旅行のお問合わせ
国内旅行のお問合わせ国内旅行のお問合わせ
お客様の声
耳より情報
MENU
1日間

定年時代読者ツアー
ラリックの名品と伝説のオーベルジュ

おすすめ 最高の食材とフレンチ×和の究極の技法が融合

  • パンフレットを請求する

    ツアーに申込む

出発地 東京駅丸ビル前 /9時00分
目的地 関東
設定期間 2018年01月01日~2018年02月28日
ツアーコード C1-T300-180000
基本代金 ¥17,900~¥17,900(日帰り)

フランスの邸宅を思わせる佇まいが印象的な「オーベルジュ オー・ミラドー」。フレンチの最先端を走り続けてきた伝説的シェフ勝又登氏が、東西の融合をテーマに伝統的かつ繊細な和食の技法を取り入れた、日本の「地方でしか作ることができないフランス料理」を提供します。

森の木々に包まれた場所に佇む静かなレストランで地産地消にとことんこだわった「箱根フレンチ」をおたのしみください。


午後はアール・ヌーヴォーとアール・デコの時代を駆け抜けた宝飾ガラス工芸作家、ルネ・ラリックの作品を展示するラリック美術館。充実のコレクションの他に、日本に唯一現存するオリエント急行客車も展示しています。 ラリック自身が内装デザインを手がけ、幻想的な装飾が施された客車をクルーの解説で見学します!

  • オーベルジュ オー・ミラドー

    フランスの邸宅を思わせる佇まいが印象的な「オーベルジュ オー・ミラドー」。

  • お食事(イメージ)

    日本を代表する食材が集まる地、箱根。野菜から茸、魚、肉、ジビエに至るまで、一年中“旬”に囲まれた箱根の食材をふんだんに使った地場フレンチをお楽しみください。

ご案内

昼食場所は椅子・テーブル席となります。

⇒飛行機、→バス、=列車、~船、++ケーブル・カー/ロープウエー/リフト他、…徒歩

1日目 東京(9時)→オーベルジュ オーミラドー(自然と究極の食が融けあうオーベルジュでランチタイム、伝統的なフレンチと和の技法を融合させた新フレンチを堪能)→ラリック美術館(企画展「ラリックの花鳥風月 ジュエリーと、そのデザイン画」を観賞)→東京(18時20分頃)
宿泊  
食事 朝×  昼○  夕×

お知らせ

◆利用バス会社:東栄観光バスまたはケイエム観光となります。(グループ会社または提携会社に変更となる場合があります)

日数 1日 食事条件 朝:0回 昼:1回 夕:0回
最少催行人数 25名様
添乗員 あり
  • ラリック美術館館内

  • 日本に唯一現存するオリエント急行客車

    内装はラリックによるデザインが施されています

このページを印刷するなどして保存した上で、下のカレンダーより出発日をクリックし、申し込み画面に進んでください。

出発日 帰着日 旅行代金 状況 予約
出発日2018年02月01日(木) 帰着日2018年02月01日(木) 旅行代金【  17,900円】 状況催行決定 予約予約
お申込期限
◆WEB受付…日帰りツアーは出発日の5日前まで/宿泊ツアーは出発日の15日前までとなります。
※期限を過ぎた場合でもお席がご用意できる可能性もございますので、お電話でお問い合わせください。

旅行条件についてはこちらの旅行条件書をご確認の上、印刷又はファイル保存して下さい。

お電話でのご予約・お問合せの際

ツアーコード<C1-T300-180000>をオペレーターにお伝え下さい

パンフレットの請求はこちらから

旅行企画・実施

株式会社 朝日旅行
[観光庁長官登録旅行業第97号][ボンド保証会員/JATA正会員]

お申し込み・お問い合わせ
■東京支店 ■大阪支店
〒108-8308
東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2F
TEL:03-6858-9822(海外)
TEL:03-6858-9811(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:高坂 健彦、田中 恒造、宮嶋 博、小椋 一恵
〒530-0001
大阪市 北区 梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 10F
TEL:06-6345-1447(海外)
TEL:06-6345-1613(国内)
営業時間:
月~金(9:45~17:30)
土・日・祝日・年末年始は休業
総合旅行業務取扱管理者:古賀 栄二、別所 通根雄
朝日旅行
海外旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9822
  • 関西発: 06-6345-1447
  • 名古屋発: 052-222-3334
国内旅行のお問い合せ
  • 首都圏発: 03-6858-9811
  • 関西発: 06-6345-1613
  • 名古屋発: 052-222-6661